アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「恋愛教室メルマガ」のブログ記事

みんなの「恋愛教室メルマガ」ブログ


「ごめん、二人では会えない」からの大逆転。奇跡の軌跡

2018/10/20 03:45
久しぶりに恋愛相談師、本領発揮!
婚活ではなく恋愛、恋の相談で奇跡を成し遂げましたーっ!!
(最近は、婚活相談師になってるからねー・笑)

成し遂げたのは、Aさん(47歳)!

「Aさんとは友達であって、それ以上の関係を求めるつもりはありません」
「他に好きな人がいます。なので、正直もうあまり会いたくないので……」
「お花見でも行かない?」→「ごめん、二人では会えない」

そこからの大逆転、「奇跡の軌跡」をご紹介したいと思います。

◆ 34年ぶりの再会 ◆

「コイツもまだ独身だからさ、よかったら二人でメールの交換でもしたら?」
「あ、うん。じゃあ、よかったら……」
「あ、はい。こちらこそ」

2017年9月。
二人はこうして、やりとりをするようになりました。

Aさんと彼は、同窓会で34年ぶりに再会した中学の同級生。中学時代は顔と名前を知っている程度で、特に交流はありませんでしたが、互いに独身だったので友人からお勧めされたのです。

「家が近いので、よかったら食事でもできたらいいですね」 ←Aさん
「そうですね。では、今度の週末にでもどうですか?」

こうして数日後の9月29日。
二人は初めて食事に行きました。ランチしてお散歩→夕方解散というデートです。翌日、Aさんから「昨日はありがとうございました」とお礼のメールをしたところ、「またゴハン行きましょう」と言って頂けました。

そして10月9日、2回めのデート。
これも前回と同じくランチをして、その後はお茶をしてお別れしました。この後、彼に仕事の〆切があったため暫く会えず…

11月 3日 3回目 植物園に行って探索。
11月11日 4回目 奥多摩の足湯に行って、夕食。そして、

「そういえば、Aさんは11月24日、誕生日だよね?」
「うん、覚えててくれたんだ(^^)」

「どこか行こうか。どこに行きたい?」
「えっと……じゃあ、海に行きたいな」

「じゃあ、湘南に行こう」

こうして5回目のデート、11月24日に会うことになりました。前日まで待ち合わせが決まらず、ちょっと心配な気持ちもありましたが、当日はちゃんと会うことができました。

「それで海を見ながら、ちょっといい雰囲気かなと思って、彼の肩により添ったんです」
「はい」

「そしたら、払いのけられた感じがあったんです……」
「うわっ、それは……(>_<) そういえば、お誕生日だったんですよね? プレゼントは頂けたんですか?」

「はい。でも……」
「でも……?」

「瓶入りの甘酒だったんです」
「甘酒っ!?(@_@)」

うん、さっぱり意味がピーマンな贈り物です。 ←訳:わけわからん
別に甘酒が好きだとか、そういった話があったわけでもないそうです。っていうか、瓶入りの甘酒なんて、よくそんな重いものを持ち歩きましたよね。っていうか、どういう発想で甘酒になったのか。

彼が部屋を見渡したら、それがそこにあったのでしょうか。まあ、どうであれ、ひどい贈り物には違いありません。で、当然進展も何もなく、お誕生日は終わったのでした。この後は、一気に彼の態度が冷たくなります。

12月8日、6回目のデート。
「クリスマスどこか行こうよ」 ←Aさん
「えぇ!?」

「ゴハンとか作って、お家に持って行ってもいいよ」
「いや、そういうのはいいよ」

「じゃあ、クリスマス会えないの?」
「会わないとダメ?」

「ええ……悲しい……」

と気まずくなって解散になります。ここでAさん、「これはいけない、何とかフォローしなければ」と思ってメールしたところ、「Aさんとは友達であって、それ以上の関係を求めるつもりはありません」と言われてしまいます。

その後は、1月に1回、2月に1回会えました。
2月はバレンタインなので、何かプレゼントをしたいと思いました。そこで負担にならないものと考えて、

「ポケットティッシュのケースをプレゼントしたんです」
「うん、いらないですねぇ(笑)」 ←バッサリ。

そして、2月後半に「またお会いしませんか?」とメールをしたところ、「他に好きな人がいます。なので、正直もうあまり会いたくないので……」と言われてしまいます。この時に、「なんで、もっと早く言ってくれなかったの?」と、不平不満をぶつけてしまうのです。ぐはぁ。

この後、3月に「明日の同窓会行く?」と聞いて「行かない」。更に「お花見でも行かない?」→「ごめん、もう二人では会えない」と
言われてしまうのです。その後、特に意味のないメールのやりとりをして、当然彼の反応が冷たく。ここで焦って「○○くんのこと、モット知りたいシリーズ(^^)」とメールをしたら、返事がなくなったのです。

「そりゃ、なくなるでしょうねぇ……_| ̄|○」
「はい……。なんか、やってしまいました」

「うーん……(>_<)」
「それで後日、“能天気なメール送ってしまってごめんなさい”って送ったら、“うん、正直、あれは気持ち悪かった”と返事がありました」

「返事があったんだ!(驚)」

そして、この2週間後、
4月12日にマーチン先生の所に面談にいらしたわけです。

「先生、どうしたらいいでしょうか……?」

◆ また連絡が取れるだけで ◆

「正直、諦めるのがベストだと思います(>_<) いくらなんでも、こじらせすぎでしょう……」
「それはわかるんです。でも、何とかしたいんです」

「いやぁ……何とかしたいのはわかりますが、この状況ではねぇ……」
「また連絡が取れるだけでいいんです。また彼とやりとりできるようになったら、それでいいです」

「やりとり、ですか?」
「はい」

「…………うーん。ほんとにそれだけだったら、何とかなると思いますけど」
「えっ!? ほんとですか?」

「はい、普通だったらですね、“知りたいシリーズ”の後は、何を送っても返事がないものなんですよ」
「……はい」

「なのに、彼は返事をくれています。彼の性格だと思いますが、きちんとした性格というか、そういう面が垣間見えるんです」
「はい、彼はすっごくきちんとした人です!!」 ←妙に力が入るっ!

「なので、上手にすれば、また返事はもらえる可能性があると思いますよ」
「先生、どうしたらいいんですかっ!? 教えて下さい」

話を聞くと、5月26日に彼の誕生日があると。
なので、その時に連絡をしてみるのが良いだろう、と提案しました。ただ、マーチン先生論「時間を置いて解決する問題は、ひとつもない」のです。

「ただ、時間を置くだけでは意味がありません。こうなってしまった根本的な原因を改善をしないと、仮にまた連絡が取れても、同じことの繰り返しです」

「はい」

「まず、見た目の改善。正直言って、女捨ててる感じがします。これでよくデートしてもらえてたね……という感じなのです。 きちんとお化粧して、くすんだ色の服をやめて華のある服にして」

「はい!」

「その上で中身も徹底的に改善です。このお話、そもそも秋の間にきちんと頑張ったら、ゴールインできた可能性は普通にありました。それを逃したことがひとつ」

「はい」

「そして、彼のテンションが下がってから、ただ不満を言うだけだった体質。更に、攻撃してしまうような体質を変えないと、です」

「…………」

「わかりますか? 彼に好きな人がいると言われて“なんでもっと早く言ってくれなかったの?”とぶつけた話ですよ」

「……はい」

「なので、ぜひ恋愛教室にいらしてください。来れるだけ毎週2回通って、勉強しながら、また、他の人の事例を聞きながら恋愛力のベースアップをすること。体質改善をすることが急務です」

「はい、わかりました!」

こうして4月、「茨だらけの道」が始まったのです。

◆ まずは、当初の目標達成 ◆

相談から約1ヶ月半、5月26日(土)。
彼の誕生日に合わせてこんなLINEをしました。
「○○くん、お誕生日おめでとう。お元気ですか?(^^)」

ちょうど土曜日だったので、リアル教室のお茶会の時に送りました。これだとお返事が頂けた時に、それに対する返答を僕が一緒に考えることができるので最高の受け答えができるのです。

同席の皆さんも、一緒に考えることができてもの凄く良い勉強になります。こういったことが多々ありますので、リアル教室は、本当にリアル教室なのです!そしてLINEを送ると、すぐに彼から

「メッセージありがとう。これから〜に出張で、今空港です。これから行ってきます(^^)」

といった内容の返答がありました。これにAさんは歓喜!! まずは目標達成です。で、これについてAさんが返答を考えたのですが、嬉しさのあまり血迷って、

・また早く会いたいとか。
・メッセージありがとう!お仕事で出張なんですよね、とか。
・その他、あれやらこれやら。

と、長〜〜い文章を作っておられました。ありがちな「調子に乗りすぎる失敗」です。これをこのままやると、温度差でほぼ引かれる原因になります。なので、バッサリ全て却下!!!

「お返事ありがとう。出張頑張って来て下さいね(^^)」とシンプルな返答をしたのでした。

◆ 次回の連絡はいつが良い? ◆

「先生っ! 次回はいつ頃連絡したら良いのでしょうか?彼が出張から戻ってくる、来週くらいがいいのでしょうか?」

「はあっ? そんなのありえないです。早すぎます(苦笑)」

「でも、先生のサイト見ていたら、間をあけないように連絡をすることが大事だって書いてあったし……」

「Aさん、それは新規で知り合って、やりとりをするようになった人の話です。Aさんの場合は前提が違うので、それは通用しませんよ」

「そうなんですか??」

「……うん、臨機応変力なさすぎです(苦笑) やっぱり、もっとベースアップが大事ですね(笑)」

「そ、そうなんですか、すみません」

そうなのです。Aさんは、臨機応変力ゼロ!のすごい人なのです☆ と言いますか、これってまた早く彼に連絡したくて、それを肯定するための理由を探しているようにも見えますよね。

「次回は……そうだねぇ。また1ヶ月以上はあけた方がいいねぇ……」
「……(>_<)」

「そうですね、7月7日の七夕くらいが、ちょうどいいんじゃないですか?また土曜日で、教室から送ることができますし(^^)」
「7月ですか、なっ、長い……」

「でも、今送ったら、まず間違いなく引かれますよ。先生の言うこと、聞いた方がいいと思うよ?」
「はい、先生の言う通りにします! 頑張ります!!」

「頑張ります」と言ってくれたAさんですが、こうして見ると、当初の目的を達成した喜びとか、感謝の気持ちよりも、次を求める気持ちの方が、丸出しになっていることがわかります。これが「贅沢になりすぎる失敗」の元凶なのです。

4月の面談を思い出すと、彼には「他に好きな人がいます。なので、正直もうあまり会いたくないので……」「お花見でも行かない?」→「ごめん、二人では会えない」このように言われていたのです。この状況から今回のやりとり↓↓ができたのは、

「メッセージありがとう。これから〜に出張で、今空港です。これから行ってきます(^^)」

既に奇跡のようなものなのです。贅沢にならないように、落ち着いて頑張ることが大事なのです。

ここで地に足つけて、次の目標を考えます。
今回、こうしてやり取りが出来たということは、下手をしなければ、時々は同様のやりとりができるということです。ということは、それを続けていく中で、会えるチャンスが出てくるかもしれない。その時に彼にお会いして「Aさん、変わったね」と感じてもらうことが目標です。それが出来たら、男女としての進展が、またありえるかもしれないのです。

もちろん、それを成すまでの間に、彼が他の女性と結婚するかもしれません。でも、だからといって、焦って行動するのは違います。落ち着いて、地に足つけて頑張ることが大切なのです。

◆ 信じられない! 彼からお誘いが ◆

2回目 7月7日(土)、リアル教室の時にLINEをしました。
前回のような軽い内容をお送りした所、これまたすぐに意外な返答があったのです。

「今日はこれから、○○さんの家で食事会があります。よかったら、Aさんも来ませんか?」
「えええーーーっ!せ、先生、どどどうしましょう!?(焦)」

「…………」 ←センセです。
「えーっ、でも二人でもないしなぁ……。急すぎるし、ど、どうしたらいいでしょうか……?」

さあ、ここで問題です。
皆さんだったら、どうしますか?
二択ですね、行くか、行かないか。さあ、返答やいかに!?







「先生、どうしたらいいでしょうか……?」

「……やめた方がいいと思うよ。まだ早いよ」

『えっ!?』 ←その場にいた、一同みんな

「まだ早いです。今、Aさん本人が喜ばずに、迷っているのが答えです。それに今お会いしても、結局“変わってない”って思われて、またダメになる可能性が高いと思うよ」

「な、なるほど…………」

「今度“変わってない”って思われたら、本当にアウトだよ。今の目標は、次に会えた時に“Aさん、変わったね”って感じてもらうことです」

「はい」

「今、見た目はキレイになったけれど、中身はまだ変われていないです。だから、こうして誘ってもらえた、という事実を前向きに受け止めて、今はご遠慮した方がいいと思うよ」

「は……はい」

「彼に誘ってもらえたんです。また会えることになったんです。それで、十分じゃないですか」

「そ、そうですね、わかりました」

皆さん、この問題の答え、正解できましたでしょうか。何となく、いつものマーチン先生のノリですと「チャンスを掴むべし!」と、すぐに行くべきだと思った人が多いように感じます。しかし、これもまた臨機応変力なのです。今の命題は「Aさん変わったね、と感じてもらうこと」。これができないなら会う意味はなく、マイナスになってしまう可能性が高いのです。

特に、この日のAさんは「彼に会える」とわかった時に喜ばずに迷っていました。本来、信じられないチャンスを与えてもらえて、歓喜するべき場面なのにです。なのに「急だし」「二人じゃないし」と不満が先に出ていたのは、まだまだ良くない「恋愛体質」です。だから、僕は止めたのです。

この当日や翌日も、彼に連絡をしたがるAさんを止めました(笑)

そして、2週間後。
7月末に彼の母校が甲子園に出場するかも!? という状況になり、それをネタに連絡を取りました。これには今まで通りスムーズに返答を頂けました。

その数日後、Aさんからこんな相談が届きます。
----------------------------------------------
お世話になっております。Aです。

先にご報告しましたように、お陰さまで無事に彼とやり取りができました。そして決勝が7/30(月)にあり、彼にメールで結果速報を送ろうかと考えているのですが、調子に乗りすぎでしょうか?

理由としては
1.彼は8/2まで中国にいるためLINEが使えない。メールはhotmailなので使えるはず。
2.中国でどれだけネットから情報を得られるかわからず、彼としては決勝の結果が少しは気になっているのではないか

と考えたのですが、やり過ぎでしょうか……。
〜以下、略〜
----------------------------------------------

「はい、やり過ぎです。やめましょう」が答えでした(笑)

これまでも連絡が取れる度に、Aさんは「何とか彼とやりとりがしたい」という気持ちばかりが先走って、こういったお話を僕にしてきていました。

Aさんは、僕に随時相談をなさっていたので、全て僕が止めることができましたが、こういった連絡をすると「調子に乗ってしまう失敗」となって、必ず「面倒くさい女だな〜」と思われてしまうのです。何故かと言いますと、返事がもらえる限り調子に乗り続けるから。「面倒くさい」と思われて、返事がなくなるまで続けてしまうからです。

繰り返しますが、今の目標は、次に会った時に「変わったね」と思ってもらうこと。そのために、ここで決勝の結果報告をする必要はないのです。

この後、8月末に都内をゲリラ豪雨が襲いました。彼が都内在住のため、AさんはそれをネタにLINEをしたがりましたが、これも僕は止めました。どんどん贅沢になる失敗。調子に乗りすぎる失敗とは、こういうことなのです。

特に、落ちた状態から頑張りたい時、「自分が連絡をしたいからする」のは、全てNGです。必要なことを、必要な時にする。この発想が、とても大切になるのです。

◆ 行動する前から、ダメになる想像をしない ◆

9月半ば、Aさんと面談カウンセリングをしました。
次の連絡は、再会1周年にあたる9月末を考えていたからです。

「先生、実は9月30日に、また同窓会があるそうなんです」
「えっ、そうなんですか?」

「でも、幹事が全く知らない人で、私も友人も行くつもりは特になく……。彼も、まず来ないだろうと思います」
「ちょっと待ってください。それ、何か使えないですかね……?」

この時Aさんは、この同窓会を完全にスルーしていました。でも、何かに使えないかな……と僕は思ったのです。この時の目標は、次に会った時に「変わったね」と思ってもらうこと。これを成す時、どうしても会えないなら写真を送って見てもらう方法があるのです。(外見しか見てもらえませんが、それをキッカケに会えた実績が多数あります) そこで、僕は考えました。

「確か、お二人共通のご友人夫婦が(青木ご夫妻、とします)いらっしゃいましたよね?」
「はい」

「まず、その方に連絡を取って、“よかったら一緒に行きましょうよ”とお誘いしてみてください」
「たぶん、来ないと思いますけど……」

「いいから、まずやるんですっ!!」 ←ドカーン!
「は、はいっ」

「やる前から、ダメになる想像をしないって、教室でも何度もお話したでしょう?」 ←センセ、お叱りです。
「は、はい! すみません」

「もしかしたら、来てくれるかもしれないんですから。来てくれることになったなら、彼に次のようにお誘いするんです」

----------------------------------------------
お疲れさまです。
30日の同窓会、○○くんどんな感じですか?
青木ご夫婦が出席されるので、私も行こうと思います(^^)
----------------------------------------------

「彼も来てくれるなら、それでよし。ダメだったら、青木ご夫妻と写真を一緒に撮って“こんな感じでした”って写真を送るんですよ。そしたら自然な流れで、今の姿を見てもらうことが出来ますから」
「なるほど!!」

「要するに、写真を自然な流れで送るための布石です。嬉しい誤算で会えたらそれでいいし、会えなくても問題ないのです」
「わかりました!」

「でも……ホントに会えたら、いいですね。その時は、抱いてもらえたら最高ですね(笑)」 ←ホントに言いました。
「はいっ、もちろんです!そしたら、本当に最高ですっ!(笑)」

こうして青木ご夫妻に連絡と取ったところ、ダブルで嬉しい誤算。青木ご夫妻は、二人で参加するつもりでいらっしゃり、それを彼に伝えたところ、彼も参加することになったのです。

行動する前から、ダメになる想像をしないこと。特に今回のようにダメでも何の影響もない場合は、「1%も迷うことなく」やるのが正解なのです。これは大事なポイントですので、皆さんも覚えておいて下さいね。

◆ Xデー、当日 ◆

さて、実際に彼が来てくれるかは、当日までわかりません。ドタキャンされる可能性は普通にありますからね。だから、そうなっても落ち込まないようにと、Aさんにはお伝えしていました。

ただ、彼が来てくれるとわかった段階で、僕とAさんは、「同窓会が終わった後に、どうするか」のプランを練りに練りました。万が一、いい雰囲気になれた時に、どうリードするかです。

どこのお店に誘うか、どうやって彼のお部屋に行けるようにリードするか、そういった具体的な行動パターン。そして、出てくるであろう会話を予想して、その受け答えの練習までしたのです。

そして、9/30(日)当日。
以下、Aさんからのご報告メールをベースに掲載します。
----------------------------------------------
さて日曜日の詳細について、取り急ぎご報告いたします。
メルマガのご参考にもして頂きたいと思い詳しく書きました。 ←ありがとう!

11時、会場(母校)入口で彼と待ち合わせ。彼と二人で校舎内を散策して、青木ご夫妻と合流しました。お酒が多数用意されており、昼前から皆で飲み、他の部屋に移動の合間も、自然と彼と並んでお話ができました。

その時「終わった後、Aさんどうするの? 俺は今日すべき仕事は終わらせてきた」と彼が言っていました。(彼が仕事を終わらせてきた、というのは珍しい話です)

14時頃、青木ご夫妻は帰宅。
その後、二人で話すことが多くなり……

「Aさんには本当に申し訳ないと思っている」
「え、何が?」

「急に二人で会えない、と言ってしまって……」
「私はまたこれからも、○○くんと会いたいと思っているよ」

「正直に言った方がいいよね……。僕には好きな人がいて、結婚したいと思っている。どうなるかはわからないけど。今後Aさんと何かあったとしても、Aさんと結婚する気はないんだ」

「どうなるかわからないのだったら、私も○○くんのこと頑張る。正直私はね、結婚して欲しいつもりは全くなくて、 ←これ練習した受け答えです。ただ純粋に、○○くんと一緒にいたいだけなんだ」

「そうか。僕とAさんは同じような状況だから、お互い自分の気持ちに正直でいつづけよう……」 ←(^^;;;

その後、台風接近のため15時に同窓会が予定より早く終了。 台風も近づいてきているから、二人が帰りやすい新宿まで出てご飯を食べよう、となりました。最寄駅まで相合傘でくっついていい感じで電車に乗りました。

「Aさん、明日は仕事なの?」
「仕事だけど、台風だし遅れても大丈夫だよ(^.^)」

「時間が中途半端だし、お店がすぐ見つかるかなあ?」
「じゃあ、よかったら、○○くんちでごはん食べながらゆっくりしようよ」
(↑これも、練習した受け答えです!)

「え、ウチすごい汚いよ」
「ぜんぜん大丈夫!」

「うーん……」
「台風来てるし、家なら○○くんはもう帰る心配なくなるし、私はバスがあるし」

「Aさん、明日仕事なんだよね?」 ←彼、同じこと繰り返してます。
「仕事は何とでもなるし、○○くんちからも行けるから、今日はずっと一緒にいれないかな?(^^)」 ←これも練習した受け答えです!

このあたりで新宿到着。一旦改札を出て、駅の柱に寄りかかってウダウダ。彼が私を抱き寄せて、手を握ってくる。私もくっついてハグ。

「Aさん、エロいよ……」(これはここでも、部屋でも何回か言われました)
「嬉しい。私のこと女として見て欲しいから」

ここで30分くらい、くっついていました。
そして、ようやく彼の家に行くことができて、無事に抱いてもらえました!
----------------------------------------------

「えっ!? 新宿駅、改札の目の前でハグハグですかっ?」
「は、はい……恥ずかしすぎます(>_<)」

「えええーーっ、それって、日曜日の16時くらいですよね? あははははは、面白すぎますーーーっ!!(^o^)」
「センセ、ひどいっ(照)」

「あはははは、あっははは、し、死ぬぅ〜(大笑) 夕方から改札前で、いい年した二人がエロエロハグハグ(笑)」
「先生、笑いすぎです」

「あははははははは、で、でも……(笑)」
「確かに、今まで人がしてるのを“何やってんの”って見てましたけど、まさか自分がやるとは……」

「ああ〜苦しい(笑) 夕方ってのが凄いわぁ〜」

……とまあ、僕は大笑いしたのですが、皆さんは、もっと笑ったことでしょう☆

それにしても、物凄い大逆転!!Aさんが彼に最後に会ったのは2月でした。なので7ヶ月ぶりの再会にて、一気に合体まで持っていけたのです。

これは、彼に「変わったね」と思ってもらう、という目標を達成できたこと。更に「彼が同窓会に来てくれる」とわかった段階で、合体まで見据えた行動案を、本気で考えた成果だと思います。

僕が特に男性に、女性とのデートでは初回からベッドインの可能性を考えておけと伝えているのは、こういうことなのです。「必ずベッドインしろ」というのではありません。「そうなれるチャンスが来たなら、掴めるように準備しておくことが大事」なのです。

Aさん、本当によく頑張られたと思います。おめでとう!!

◆ 男心の解説を ◆

さて、ここで男心の解説をしたいと思います。当日のお話には、彼の心中がハッキリわかる言葉が多数出てきています。解説する前に、皆さんもご自身で考えてみて下さいね。そうですね、どの段階で「彼に抱いてもらえると確定したか」考えてみましょう。







では、コメントしていきますね。

> 他の部屋に移動の合間も、自然と彼と並んでお話。
> その時「終わった後、Aさんどうするの? 俺は今日すべき仕事は終わらせてきた
> と彼が言っていました。(彼が仕事を終わらせてきた、というのは珍しい話です)

この段階で、彼に「Aさん、変わったね」と思ってもらえたことがわかります。でないと、こんな会話は出てこないですからね。そして、次の会話。

> 「Aさんには本当に申し訳ないと思っている」
> 「急に二人で会えない、と言ってしまって……」

ここで「抱いてもらえることが確定」ですーーーっ!!この彼の発言からは、「もったいないことをした」「Aさんとエッチしたい」と思っていることがハッキリわかります。そのためのフォローをしているのです。

> 「正直に言った方がいいよね……。
> 僕には好きな人がいて、結婚したいと思っている。どうなるかはわからないけど。

これは言わなくていいですねー(苦笑) 彼がデリカシーがない男だ、というだけの話です。(だから、ずっと独身なんだよーと思えてしまいます)

> 今後Aさんと何かあったとしても、Aさんと結婚する気はないんだ」

これ、僕は大笑いしてしまいました。この時点で、彼の脳内ではAさんと「何かある」前提となっているみたいです。「何かありたい、と思っている」と言うのが正解でしょうかね?(笑)

あとは……やっぱりデリカシーのない発言だと思います。どうあれ「エッチしたい」と思っている女性にいう言葉ではありません。こういった辺りから、彼が未だに独身である理由も頷けますし、彼の言う「好きな人」ともうまくいくわけがない、こともわかってしまいます。

そして、こちら。

> 「そうか。僕とAさんは同じような状況だから、
>  お互い自分の気持ちに正直でいつづけよう……」 ←(^^;;;

僕が「(^^;;;」となった理由、わかりますでしょうか。
はい、簡単ですので考えてみましょう!







はい、要するに「エッチはしたいけれど、付き合うつもりはない」と言っているのと同じだからです。彼の本音はそういうことなのです(それでも今回は頑張る前提なので、それ自体に問題はありません)。そして、途中に「練習した受け答え」がいくつもあったと思います。あれは、

1.こういった彼の心理を読み切って、
2.どういう受け答えが発生するかも読み切って、
3.自分の目標に導くために、どう返答したらよいかを練習していたのです。

<練習1>
正直私はね、結婚して欲しいつもりは全くなくて、
ただ純粋に、○○くんと一緒にいたいだけなんだ。

これは「本当に結婚に拘っていない」というAさんの気持ちを生かして練習していた言葉でした。このように言われて、嫌な思いがする男性は絶対にいませんので、言えるタイミングがあったら伝えよう、と練習していたのです。

<練習2>
「時間が中途半端だし、お店がすぐ見つかるかなあ?」
「よかったら、○○くんちでごはん食べながらゆっくりしようよ」

Aさんが実家のため、彼と結ばれるには、彼の家かホテルに行くしかありませんでした。なので、同窓会が終わった後、夕方の中途半端な時間にこういった会話が発生することを予想して、受け答えを練習しておいたのです。

<練習3>
「仕事はなんとでもなるし、○○くんちからも行けるから、今日はずっと一緒にいれないかな?(^^)」

「お家に行きたい」という話をした際に、彼が「でも…」とためらうことを予想して練習しておきました。これは男性が女性をリードする際にも必要なやりとりですね。

同窓会で彼に会えるとなった時、目標は「Aさん、変わったね」と感じてもらうことでした。これを成すことができたなら、当然彼がAさんを女性として見てくれることになるのです。ということは、当日にそういうチャンスが生まれるかもしれない。そこの準備を忘れずにしていたことが、今回の大逆転劇の要因でした。

◆ 時間を置いて、解決する問題は何もない ◆

気まずい感じになった時、時間を置くことだけを考える人が多いです。しかし、それで得られるものは「悪くなった雰囲気」をキレイにすることだけで時間を置いて解決する問題は何もないのです。だから僕はAさんに、

1.もっとキレイになること。女性らしくなること。
2.恋愛力をアップして、面倒くさい女から卒業すること。

を強くアドバイスしました。
まず1について、化粧や洋服もそうですが、Aさんが驚いておられたのは、僕がバストアップを指摘したことでした。特に30代以降の女性は、ご自分の胸を確認してみてください。

普通にブラをつけてまっすぐ立った状態で、乳首の位置が「肩と肘の中間」よりも下がっている人が多いです。これは、胸が垂れた印象になってスタイルが悪くなると同時に、おばあさん化して見えるのでNGなのです。

Aさんもそうなっていたため、僕は「ブラの肩紐を調整して、乳首の位置が肩と肘の中間に来るようにバストアップしてください」とアドバイスしたのです。Aさんは、このアドバイスは目からウロコだったと仰っておられて、実際、改善したところ、すごく胸の形がキレイになって若返ったのです。これが彼のこういったセリフに繋がります。

> 「Aさん、エロいよ……」

エッチする前に、口に出して言うのもどうかと思いますけどっ!

そして2の恋愛力のベースアップ。
少しでも男心を知ること、すぐに暴走しないこと、恋の実らせ方と進め方、感情の向こう側にある目標を見据えた行動を取ること、などを学びました。4月の面談以降、Aさんはほとんど毎週2回のリアル教室、全てに参加なさっていました。そして、僕が言ったアドバイスは、全て実行していきました。

やはり、今回も成功の秘訣はこちら。
「素直に、マーチン先生のアドバイスを実行した」です。

Aさんから「できませんでした」という、言い訳は一度もありませんでした。どんなアドバイスも同じなのですが、「できませんでした」は、僕から見れば「やりませんでした」なのです。「できない」ではなく、「やっていないだけ」。ここに気づくか、気づかないかが、成功の分かれ目だと思います。

◆ エピローグ ◆

「それで、エッチした後に“ねえ……彼女にしてね”って言ったんです」
「えっ、そんなこと言ったの!?」

「え!? だって、教室でいつも習ってるじゃないですか?エッチした後に、これを伝えないとダメだって」
「……だから、それは新規で知り合って、普通に進展してるときの話ですって(泣)」

「ええっ?」
「ううーん、ここでも臨機応変にできないのが響きましたねぇ(>_<)」

「やっぱり、そうだったんですね……。その時、彼に笑ってかわされたんです」

「そりゃ、そうですよ。この状態からいきなり付き合うとか、ありえないですよ。“好きな女性がいて結婚したいと思ってる”って釘さされてるんですから」

「うわあ〜、やっちゃったぁ〜」
「それで、その後は、どうなったんですか?」

「夜にお腹が空いたので、私が適当にお料理作って一緒に食べて。それから、またイチャイチャして寝ました」
「なるほど。朝はどうでした?」

「ちょっとイチャイチャして、彼が駅まで送ってくれました」
「え、送ってくれたんですか?」

「はい」
「そしたら、彼女発言は、そこまで響いてはいない可能性が高いですねぇ」

「別れ際、先生からアドバイス頂いていた、“今日はありがとう。一緒にいられて嬉しかったよ。またね(^^)”って言いました」
「よかった。これも役に立ちましたね(^^;」

「はい(笑)」
「そしたら、彼はなんて?」

「“うん。また連絡ということで”って」
「なるほど。また会えるかどうかは、半々くらいですね」

「半々ですかっ!? ああ、何とか続けたいっ!!」

と、また贅沢になっているAさんでした☆

4月の相談時点から考えたら、もう一度連絡を取ることが目標で、彼に抱いてもらえるなんて、夢のまた夢の夢の夢だったと思います。なのに、それを成しても「彼に抱いてもらえた、幸せ〜(*^^*)」ではないのです!

どうして女性は、こう贅沢になるんだぁぁぁ〜〜っ!(笑)

…………。

「茨だらけの道」

進むのはAさんですけど、切り開くのはボクだったりして(笑)
マーチン先生の戦いは、まだまだ続くみたいです(^^;


P.S.
このお話の続き、反省編がPREMIUMでありますよ。

FC2ブログ
PREMIUM No.810「奇跡の軌跡」について、もう少し反省会を/手抜きをしない自分になる方法、他計4つ
http://dr-martin.jp/blog-entry-1374.html

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
発行歴18年。 マーチン先生の恋愛教室 無料メルマガバックナンバー
個別相談 の ご案内
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


それが本当だったら、どうなるはず&師は慎重に選ぼう

2018/09/23 18:02
先日、Aさんからあるご相談を受けました。
その中に、こんなお話があったのです。

「彼は30歳、大学を2つ卒業しており、(ひとつは東大です)今は世界中にいくつもの会社を持っています。 〜中略〜 話をする中で彼は、“今まで彼女がいたことはない”と言っていました。そういえば、私と話すとき顔を赤くして、照れくさそうにしていました」

Aさんは、会社同士が行うパーティで彼と知り合ったのですが、その時彼の友人に「彼はどんな人なんですか?」と聞いたそうです。すると「彼の名前をgoogleで検索した方が早いよ(笑)」と言われて実際に検索た所、彼の経歴などが出てきました。なので、上記は本当です。

さあ、ここで問題です。
彼は「今まで彼女がいたことはない」と言っています。

これは本当でしょうか? ウソでしょうか?
それとも現状では判断できず、どちらの可能性もあるでしょうか?
ご意見を決めてから、読み進めてくださいね。







はい、では参りましょう!

◆ なぜ、マーチンにも相談を? ◆

「先生は、彼が“今まで彼女がいたことはない”と言っているのは、どう思いますか?」
「はい、ウソだと思いますよ。絶対そんなことないです(キッパリ)」

「えっ!?」 ←かなり驚いています。
「それは“特定の彼女がいない”っていうだけで、時々エッチしたり、会ってる女の子はいるということですよ」

「えええ!? 本当ですか?」
「はい。今いるかどうかは別ですが、“これまで彼女がいたことがない”っていうのは、おかしいと思います」

「なぜですか??」

……と、Aさんは「全然そんなことはないはず!」という感じで、強く質問してこられました。と同時に、こんなことを仰っていたのです。

「今まで他の専門家の先生にも相談したんですが、誰もそうは言わなかったです」

「はぁっ?」

「彼に女性がいたはず、って言ったのはマーチン先生だけです」

「ああ、なるほどね。 えっとね、相談するのは誰かひとりに決めた方が良いですよ。色んな人に相談すると、それぞれ違うことを言いますから、悩んで相談したのに、もっと悩むことになってしまうことが多いんです。本を読むのも同じで、色んな本を読むと書いてあることがみんな違うのでどれが正しいのやら、わからなくなるんです」

「……まさに、今、そうなってます。でも、今までの先生はみんな同じでした」

「ですので、“自分の責任”で自分の先生を決めることが大事です。そして決めたら、その先生と相談して方向性を持って頑張ることです。私がお嫌でしたら、他の先生でもいいのです。自分の責任で決めることです」

といったお話をしたところ、「どうして先生はそう思うんですか?」「根拠はなんですか?」などなど質問攻めになりました。ううん、これは中谷彰宏先生の講義にもありましたが、「リスペクト(尊敬)できず、はじめからエビデンス(根拠)を求めるようではいけない」というお話のことだなぁ、と感じました。

こちらに詳しく掲載しています。
・2018/06/18号 PREMIUM No.795 一流の学び方、二流の学び方

FC2ブログ >> http://dr-martin.jp/blog-entry-1304.html
まぐまぐ >> https://www.mag2.com/archives/P0000272/2018/

簡単に説明しますと、素直に聞く姿勢になれていないことが、良くないのですね。リスペクトできずに素直に聞けないなら、相談しない方が良いわけです。これはAさんだけでなく、誰にも言える「学ぶ姿勢」のお話です。ただ面白かったのは、この後にAさんは、「マーチン先生の本を、取り寄せて読んでみようと思います」と仰ったことでした。

そして、僕は思いました。
これまで何人もの先生に「彼には彼女がいない」と太鼓判を押されていたのに、
なぜ、またマーチン先生にも相談したのか。

この答え、皆さんにはお分かり頂けますでしょうか。

◆ 「彼女がいたことがない」はウソの理由 ◆

さて、どうしてマーチン先生は彼のことを、「それは“特定の彼女がいない”っていうだけで、時々エッチしたり、会ってる女の子はいる、ということですよ」と言ったのか。理由は大きく2つあります。

1.それだけ高学歴で仕事ができるのに、「彼女がいたことがない男」を見たことがないからです。皆さんも振り返ってみて下さい。そんな人を知っていますか?(笑)

これは言い換えると、いくつも会社を持つオーナーで「彼女いない歴=年齢」という男性を見たことがないということです。こう表現すると「そりゃ、そうだろうなぁ」とお分かり頂けることでしょう。

2.高学歴&高収入で「“彼女がいたことがない”と口にする男の話」は何百と耳にしているし、僕自身も出会ったことが何度もあります。そして、その全ての事例が「特定の彼女はいないけれど、女性はいくらでもいる(いた)」という状況だったからです。

過去のメルマガを遡ってご覧頂けたらわかりますが、他の相談事例でも一言一句同じ発言をする男の話が何度も出てきています。僕はこの仕事を18年していますのでわかるのですが、「同じタイプの人間」は、一言一句同じことを言うのです。もちろん、やることも同じです。

つまり、「言うこと、することが同じ人間は、同じタイプ」ということです。

上記1、2で十分根拠になると思います。
マーチン論は「マーチン先生はこう思う」という話をしているのではなく、「実際にこうだった」という話を根拠にお伝えしていので、自信持って言い切れるのです。じゃあ、これは↓↓何なのかと言いますと、

> そういえば、私と話すとき顔を赤くして照れくさそうに話していました。

Aさんの勘違いです(アッサリ)。ごめんなさいネ。これも長年相談を受けてきたらわかるのですが、これは勘違いをする方の典型的な話し方で、これまた一言一句同じように仰います。下記様々なバリエーションです。

・彼といつも目が合うんです。
・私と話をすると、いつも嬉しそうにしてるんです。
・私が話しかけたら、顔が赤くなるんです。
・私が近寄ったら、ワザと避けるように距離を取るんです。
・私が他の男性と話したら、不機嫌になるんです。

「それが本当だったら」、相談する前に恋は実っているでしょうし、少なくとも、いい雰囲気になれているはずなのです。しかし現実は、上記のような話をしながら……

・LINEやメールの返事は、いつも数日後〜一週間後なんです。
・LINEやメールで食事に誘うと、そこはスルーされて返事がくるんです。

と、こうなるのです。ちなみにAさんは前者でした。
ここで勘違いだと指摘すると、↓↓こういう反論が出るのですが、

「だって、彼は超忙しい人ですし、仕方がないと思います」

超忙しい人ほど、時間を作るのがうまいのです。だからこそ、「超忙しくなれる」のです。

そんな人が、「気になる女性への」LINEの返事ができないわけがありません。しかも既読はすぐについているので、つまりはやりとりする価値がうすい。彼にとって「する必要性」を感じないから後回しになっている、と考える方が正しい現状把握なのです。(厳しいですが、要するに脈がない)

そして、こういう見方もあります。
僕は「年齢=彼女いない歴」というアラサーの男性に、何度もお会いしています。そんな男性は、自分に興味があるような女性がいたら、目の色変えますよ(余程タイプでない女性だったら別かもしれませんが・苦笑)。彼のAさんに対する興味なさげな態度からも、女性に困っていない。それがハッキリ見て取れるのです。

「それが本当だったら、どうなるはずか」

こういった視点で、お相手の真意を考えてみるとよいのです。

◆ 慎重に選ぼう ◆

話は変わりますが、僕は恐らく日本で最初に「恋愛相談」を本業にした人物です。真面目な話、もし違っていたら教えてください。素直に訂正します。僕のサイトスタートは2000年3月。「恋愛相談師になります」とサイトで宣言したのが2000年12月31日でした。

2007〜2010年頃に出版した本の自己紹介には「日本で唯一、恋愛相談で生計が立つ恋愛相談のプロ」といった文言がありました(笑)ところが今は、僕の二番煎じ、三番煎じならぬ、「百番煎じ」くらいの人物がたくさんおられます。

で、今回の件で、僕はまたまた思いました。該当者見ているかもしれないですが、ハッキリ言いますとレベルが低すぎます。「そんなのでお金取って、相談受けたらダメでしょ」と言いたい人だらけです。その典型が、先程のお話。

> 「今まで他の専門家の先生にも相談したんですが、誰もそうは言わなかったです」

これがわからない人が、お金取って話を聞いてるなんてヒドいのでは……と。しかもAさんの口ぶりから、3〜4人には相談したと感じます。「なんだよ、そのアドバイス」といった話はしょっちゅうなのですが、「今回のはあまりにひど過ぎる」そう感じました。

もし、「真実を知りつつ、でも相談者の言って欲しいことを言っている」ならば、それを信じさせてあげること、安心させてあげることが必要ですが、できていない。結果、いたずらにご相談者にお金を使わせることになっています。

なので、この内容は通常のメルマガでも配信します! ←元はPREMIUMメルマガです。

これは人生哲学、世渡りの話として読者の皆さんにお伝えしたいのです。Aさんへの話にもありましたが、恋愛相談に限らず、誰かに何かを習うならば、「誰を師とするか」は自分の責任で、慎重に決めましょう。

恋愛相談の世界で言えば、今はとんでもない人がゴマンといます。そうだ、未だに覚えている、僕が絶句したお話があります。僕が某電話相談サイトの先生として依頼を受けて、参加した説明会でのこと。そこにいたある女性の先生(?)が、こんな質問をしたのです。

「電話相談の料金は、自分で設定できるんですよね?」

「はい。変更も可能です」 ←事務局の人ね。

「じゃあ、値段変更の依頼をして、御社が対応するまでの間に入った電話相談の料金は、変更前、変更後、どちらになるんですか?」

そこには7〜8人くらいの先生がいらっしゃいました。
そんな中で、この質問。

……僕は、死にそうになりました。

頼むから、アンタ先生やめてくれ。
そんなアンタに、お金払って相談する人は災難だ、と。

この話は、皆さんによく申し上げている失敗例、「目先のどうでもいい疑問を気にしている事例」ですね。かんっぺきに、「どうでもいいだろう、そんなことは」です。別にその1件や2件の相談料金が、どちらになろうが、ただそれだけです。そんなこともわからず、人前で超絶くだらない質問をする人物が、「先生」という名前で表に出ているのですからシビレます。

こういったことは、どこの業界でもあるかと思います。誰を、何を、選ぶかは自分の責任であり、その結果も自分の責任である。その意識を持つだけで、かなり世渡り上手になれるように思うのです。

…………。

さて、こちらの答えは、お分かり頂けましたでしょうか?

> これまで何人もの先生に「彼には彼女がいない」と太鼓判を押されていたのに、
> なぜ、またマーチン先生にも相談したのか。

普通ならこういった場合は、「自分の望む回答」を得るために相談を重ねています。占いの結果が気に入らず、何度も占いを重ねるのが、その典型例ですね。しかし、今回は複数の先生から自分の望む返答をもらっていたにも関わらず、何度も相談を重ねていたのは、なぜなのか。

それは、その先生たちの返答に「違和感」を感じていたからではないでしょうか。だからこそ、アッサリそこを突いた僕の回答に強く反応してしまった。信じたくない反面、本を取り寄せてまで読んでみようと思ったのだと思います。人間、他人にウソはつけますが、自分にウソはつけません。違和感から目を逸らさなかったのは、Aさんの偉かった点だと思いました。

最近の頻出ワードです。
「正しい現状把握」をして、頑張っていきましょう。
全ては、そこから始まっていきますよ。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のお申込み
マーチン先生の結婚紹介所、ご案内はこちらです。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雑こそ全ての元凶 〜後編〜

2018/08/16 19:23
はい、今回は8/10にお届けしました前編に続く、後編です。
それでは、早速参りましょう!

前編はこちらです。
https://www.martin.ne.jp/?p=3779

◆ 日常に出来ていたら、こんな失敗はなくなります ◆

前編の冒頭に出てきたS口さんのお話です。彼女は5月末、1年付き合ってきた彼に結婚を迫って、ハッキリしてくれない彼にブチ切れて散々攻撃してしまい、今は連絡が取れない状態になっています。でも、これはハッキリしてくれない彼が悪いのではなく、決めてもらえない自分が悪い、その典型例でした。

S口さんは、「No.798 会えている時に何をしたか」でお話した下記の事例です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
話は変わりますが、二週間前から、なぜか同じようなご相談者が相次ぎました。「半年〜1年交際していたけれど、非常に危ない状況になった」というものです。どちらも、ほとんど毎日〜週2回以上は会えていたのです。そんなに会えていたのに、どうして危ない状況になってしまったのか。それは、「ただ会っていただけ」だったからです……。例えば、

・彼に会っている時、彼がお料理を作っていた。
 「パスタが食べた〜い」など、能天気に(ゴメン)仰っていたようで……。

・僕が教室の雑談で「アイロンを自分でかける男性は、まずいない」
 と話した際、「彼、自分でかけてましたよ〜」とサラリ。

と、モロに女子力を発揮できる場面があったにも関わらず、
スルーしてしまっていたのです。こ、これはもったいないです。

メルマガはこちらでご購入頂けます >> http://dr-martin.jp/blog-entry-1316.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そして先日、彼に久しぶりに連絡をしたいという話になりました。以下、彼女から7/29(日)に頂いたメール案です。

「ゆっくり過ごせてる?
 来週末の4日か5日、久々にお肉でも食べに行かない?(^^)」

お肉は彼の好物だということでしたので、それは良いとして、皆さんは、この案をご覧になって、どのように感じられましたでしょうか? 直感的に感じたことを、答えて頂けたらと思います。







はい、僕が文章を見ての第一印象は、

「相変わらず上から目線」

ということで、見た瞬間「変わってないなぁ(苦笑)」と感じました。立場がわかっていない、そういう言い方になっているのです。「ゆっくり過ごせてる?」、「お肉でも食べに行かない?(^^)」という言い回しは対等な話し方です。うまく行っている時なら良いかもしれませんが、現状では論外すぎます。また僕の本音では、うまく行っている時でもこれはNGです。

×:ゆっくり過ごせてる?
○:ゆっくり過ごせてますか?

×:お肉でも食べに行かない?(^^)
○:お肉でもどうかなぁ?(^^)

随分印象がよくなること、おわかり頂けると思います。そしてこれもまた、「丁寧か、雑か」で言ってしまるお話だと思うのです。本来、うまく行っていても丁寧に話せることが大事なのです。それが平常時にできないから、こういった大事な場面でもできなくなってしまう。

常に丁寧に話していたら(LINEやメールを打っていたら)、こんな失敗をすることは皆無になるのです。「当たり前のレベルを上げる」ことの大切さが、ここでも見えると思います。

そして、S口さんのお話は、もうひとつポイントがあります。彼女は彼と1ヶ月会えていない状況です。ここで先程のメール案は、7/29(日)にメールをして、翌週末の彼の予定を「抑えようとした」のです。こう書くと、何がNGかわかりましたね。そう、今のような状況で来週末の誘いをするのはありえないのです。(これは似たような状況の方、全てに共通するお話です)

彼の立場で考えたらよくわかります。
今のこの雰囲気で、彼が来週末を、わざわざ空けてまで会おうとするか……。

しないですよね。

今の状況では、良くて「予定が空いていたら、会ってくれるかも」です。なので、直前になってお誘いする方が良いのです。それで会えないなら、その時に次の案を考えた方が良いのです。「自分が早く会って安心したいから」という、自分中心の考え方になっているから、こういう案が出てきてしまうのです。なので、結論としては「まだ彼に会わない方が良い」とお伝えしました。

会っても、「1ヶ月経っても、何も変わっていない」と思われてしまう可能性が非常に高いからです。次に会う時は、「ああ、なんか変わったね」と良い印象を持ってもらうこと、これが一番重要なのです。

◆ 仕事でも、雑こそが全ての元凶 ◆

今回は恋愛のお話をメインに「雑」を取り上げましたが、仕事においても仕事が出来ない人は、「雑なヤツだなぁ」で括ってしまえることに気づきました。例えば、会社で注文しておいたコピー用紙が届きました。新入りの事務員さんがこれを受け取って……

「すみません、コピー用紙届いたんですが、どこに置いたらいいんですか?」
「ああ、コピー機の横に積んであるから、そこにお願い」
「はい、わかりました」

……で、あとで見てガッカリするのです。
コピー機の横に積んではあるのですがっ!!!

今までに積んであったものは、ダンボールから出して積んであるのです。つまり「ペリっ」と外紙を剥がしたら、すぐに使えるようになっています。しかし、彼女が積んだのは、ダンボール箱ごと、ただ置いてあるだけ。

ショワッ!! ←空を飛んでます

こういう人、僕は何人も見たことがあります!!!これは教えてもらうとか、そういうレベルの話ではありません。考えるまでもない、見たらわかる。それが見れない=「雑」だということです。こういう話は、あげればキリがありません。

「マーチンくん、思うんだけどさ、新入りのAさんが入れたお茶って、あんまり美味しくないよね?」←部長さん
「ですよー(笑)だって……」

そのAさんは、それこそ、お茶をいれるのが雑なのです。普通、ちゃんといれる場合、湯呑が3つあったら、1番の湯呑→2番の湯呑→3番の湯呑 → また1番の湯呑→2番の湯呑……と少しずつ、3つの湯呑に入れていくのが常識です。

そう常識なのです。

んが、このAさんは、1番を満タンにして! ←ガソリンかい。
2番を満タンにして!! 3番を満タンにするから、味が偏りまくるのです。

当たり前のレベルが低い。雑である。
ほら、やっぱり話はそこに落ち着くでしょう?

まだあげましょうかっ!?

「マーチンさん、A社から頂いた資料は、サーバのどこに置いといたら、いいんですか?」
「ああ、サーバにA社のフォルダがあるから、そこにお願い」
「わかりましたー」

……で、あとで見て、またガッカリするのです!そこにファイルが入ってはいるのですが、フォルダがこうなっているのです。

<A社のフォルダ>
20180515.pdf
20180618.pdf
20180701.xlsx
20180711.docx
新商品の説明会(2018年……  ←ヤツが入れたのは、これだ!

どうして、今までの人がやっているように、揃えようと思わないのか。これまた考えるまでもなく、見たらわかる。それが見れない=「雑」だということなのですーーーっ!

特に何も見ずにやる。
隣にあっても見ない、見えない。
それが、こういう人の「当たり前」なのです。

これでは、ありがとう法なんかできるわけがありませんし、
恋愛がうまくいくとも思えないのです。

どうでしょうか。
「雑こそ全ての元凶」かなりスゴイお話だと、僕は思います。このお話に直接該当する人はもちろんのこと、会社で管理職にある方、後輩や部下を持つ方も、ぜひ、役立てて頂けたらと思います。

…………。

マーチン先生は、何事もかなり丁寧にするタイプです。ドアもそっと閉めますし、靴を脱ぐ時も丁寧に脱ぎます。そのおかげか「日本物持ちグランプリ」があったら、入賞間違いありません!

僕の事務所にある洗濯機は21年現役ですし(1997年購入)、事務所にあるビジネス靴は、全て10年以上のものですがピカピカです。まあ、それはどうでもいいのですが(笑) この「丁寧な性格」が、マーチン先生を生んだのだと思います。

僕が2000年からお話しているマーチン論は、誰に習ったわけでも、何かの本を見てそれを参考に書いているわけでもありません。100%完全に僕のオリジナルです。「恋を実らせるコツ」も、「ありがとう法」も、その他全てのお話が、恋を実らせるためのコツを「丁寧に考えた」からこそ、気づけた話だと思うのです。

ぜひ、皆さんも「丁寧に」何事もしていくように心がけてみてください。
きっと「それだけ」で、何もかもがレベルアップしていくことだと思いますよ。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のお申込み
無料相談掲示板 悩みの足跡
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雑こそ全ての元凶 〜前編〜

2018/08/10 06:11
最近、気づいたことがあります。
それは、「雑こそが全ての元凶である!」ということです。

恋愛がうまくいかない方には、それぞれ色々な問題がありえます。
マイナス思考をしてしまう、面倒くさい言動をしてしまう、
自分で行動できない……などなどですが、

1.恋愛をする上での問題点。
2.人としての足りない点、改善点。

が混在していることが多いのです。
恋愛教室では「2」→「1」の優先順位でお話をすることが多いのですが、その人の性格に「雑」という要素があると、これが両方においてものすごく足を引っ張っていることがわかりました。さあ、延べ1万人を超えるご相談を受けてきたからこそ、気づけた共通点。参りたいと思います!

◆ 性格に難がある、素直でない人の共通点 ◆

「性格に難がある、素直でない人の共通点」を見つけました。それは相談の申し込み時に、フルネームを書かないこと。特に、2回め以降でも漢字フルネームを書かないことです!最近の例ですと、リアル教室のS口さん、S川さん、ご相談者でKさん。このお話は直接本人たちにも指摘しているのですが、相談申し込みをする時の氏名欄に、次のように書いてくるのです。

<1回めの相談申し込み>
お名前:山田 (仮の名前です)

1回めの申し込みで「名字だけ」なのは、まだわからないでもありません。とはいえ、マーチン先生の本音を言いますと、この時点でフルネームをちゃんと書くべきだと思います。はじめての相談で、「個人名を知られるのが不安」という方が多いようなのですが、それはイコール、マーチン先生を信用できないということであり、だったら、そもそも相談する意味がない……となるからです。

ただ、この業界的に「相談者は無記名でもよい」といった、間違った気づかいが一般化されているため、まあ1回めは名字やハンドルネームでも良いとします。そして1回めの相談でマーチン先生のアドバイスに納得して、2回めの相談や、以後の恋愛教室を申し込む時に、次のように書くのです。

------------------------------------------------------------------------
< 内容をご確認下さい >

お申し込みコース   :選択コース【\9800】有効期間2ヶ月間に4回まで
初回参加希望日    :7月18日

お名前        :山田
年齢         :26
性別         :女性
電話番号       :***********

お支払い方法     :銀行振込
-------------------------------------------------------------------------

これ、僕は「印象悪っ!(=性格悪っ!)」と感じます。とても、これからもお世話になる先生に対する態度ではないのです。これぞ、「雑 = 礼儀ができない」の一例です。面談で「性格に難がある」と感じた方が、揃って同じことをなさるので、これはやっぱり、同じ性格の人がやりがちな共通点だと考えて良いと思います。できている方は、はじめから本名フルネームを書きます。また、2回め以降は、ちゃんとフルネームを書く人がほとんどなのです。

そういえば、リアル教室でのこと。
遅刻してくる人がいらっしゃるわけですが、この時に……

「こんばんは」と普通に言う人。 
「遅くなりました!」と言う人。
「玄関のドア、閉めていいですか?」と言う人。 ←自分が最後だと察して

がいるのですが、どれもNGすぎて僕は死にそうになります。まず言うべきは「遅くなってすみません」、これ以外にありえません。ですが、それが言えない。当たり前が、当たり前にできていない。「雑 = 礼儀ができない」のがおわかり頂けると思います。

できている人の「当たり前」。
できていない人の「当たり前」。

リアル恋愛教室ではいつも口にしているのですが、「当たり前のレベルを上げること」が、とても大切になるのです。

◆ 「よく言われる」ことは直そう ◆

上記で出てきたS川さんのお話です。
初めてお会いしたのは面談だったのですが……

「こんにちは」 ←S川さん
「こ、こんにちは」 ←マーチン

(怖っ! な、なんて不機嫌そうなんだーーーっ!!)

……というのが、僕の第一印象だったのです。メチャクチャ怖い。まるでナンパして「あんた邪魔なのよ!」と睨まれた時みたいです。なので、面談が始まってすぐに伝えました。

「あのね、もっとにこやかに話そうよ。
表情がさ、もの凄く怖いんだよ。
ハッキリ言って、話したくなくなる」

「あ……、すみません。よく言われるんです」
「よく言われる?」

「はい、家族や友達に言われます」
「だったら、早く直さないと(苦笑)」

面談ではしょっちゅう出てくる、この「よく言われます」発言。「だったら、早く直せよーっ!」という感じですが、それまでも言われていたのに、ン十年直していない、直そうとしていない。これも「雑」と言えるのでは!?と。

言われ続けているのに、スルーし続けている。丁寧な性格だったら、こんなことできないと思います。このS川さんは、自分のそういう性格を直したいという気持ちもあって面談にいらしたのですが、「雑」がゆえに、そのチャンスに気づけずにいたと感じました。

ちょっと脱線しますが、「怖い顔をしている人」は時々おられます。これは自分が損をすることよりも、「相手に失礼だ」と知って欲しいのです。

「怖い顔の人、大好き!」なんて人はいません。
「怖い顔の人と、エッチしたい♪」という人もいません。 ←当たり前じゃー!
100%誰もが、そういう人と話をしなければいけないのは「苦痛」なのです。

友達や家族にそう言われ続けている人は、どれだけ失礼なことをしていたか知り、今すぐ改善して欲しいと思います。ちなみにS川さんは、この日の面談後半には、ほぼ改善できていました。「やろう」と心がけるスイッチが入れば、瞬時にできることなのです。

◆ ダラダラLINEやメールをするから実らない ◆

出会いが実らない人の一例に、「異性と知り合ってダラダラとLINEをする」という話があります。ダラダラLINEを……というのは、1日10〜20往復、どうでもいい話をするだけ。それで、特に交際を実らせようと意識していない、そういう話です。次回会おうという話もしない。なぜかと聞くと「相手がしないから自分もしない」という感じで、それを問題と思っていない。それでいいと思っているのです。

マーチン論で言えば、恋を実らせるには、基本毎日やりとりをすること、一度会ったらできれば数日後 → 遅くとも一週間後には会おうと努力すること、一ヶ月以内に答えを出そうと努力すること、などなど、すべきことがたくさんです。

実らせたいなら、これを「丁寧にきちんと」やっていくことが必要なわけで、これをやらない、こういったことを考えないのは「雑」ということになります。ほら、皆さんも「雑」が全ての元凶だと、繋がってきたでしょう?(笑)

ここで、続きますよ〜!
これは教室のS木さんのお話です。
……なんかSがつく人ばかりですねぇ。
Sが付く人は雑なのでしょうかっ!? ←それはナイだろー。

「12日に彼の家に行ってから、彼のテンションが下がったみたいなんです」
「テンションが下がったみたいって……何があったの?」
「LINEのレスが遅くなってまして……家でも何もなかったから、嫌われたのかなって……」

という話を聞いて、僕はLINEを見せてもらいました。

12日は、彼の家に初めて行った日でした(デートそのものが3回め)。ただ、特に男女関係を求められるわけでもなく、その日は帰りました。すると13日の夜(会った翌日)、彼がLINEをくれていました。それに対してS木さんは返事をしておらず、14日の朝「すみません、寝てました」と返答をしていたのです。

まず、これが「雑」。家に行った翌日の夜、やりとりをすることくらい、わかっているはずですし、「実らせようとしているのに」これをしようとせずに寝ることが雑なのです。更に、14日の深夜24時ころに彼が返答をくれたのですが、それに対する自分の返答は、翌15日の夜20時なのです!

列挙しますと、こうなります。
12日    デートして彼の家に行くが何もなし。互いにLINEせず。
13日 22:00 彼からご機嫌伺いのLINEが来る。
14日 08:00 彼に「寝てました」と返答する。
14日 24:00 彼からそれに対する返答が来る。
15日 20:00 彼に返答する。

これ見て僕は叫びましたっ!!
「はあっ!? 2回とも自分の方が返信遅いんじゃないですかー!」
なのに、この状態で、S木さんはこんなことを言っているのです。

> 「LINEのレスが遅くなってまして……
> 家でも何もなかったから、嫌われたのかなって……」

ズレすぎ。ズレまくりです。「自分の雑さを棚にあげて、何を言っているの!?」となるわけです。これ、本来だと12日に「今日はありがとう」を送るべきですし、13日に自分からもLINEを送るつもりでいるべきです。そしたら「寝てた」となることはありませんでした。更に、14日の深夜に彼が連絡をくれたなら、15日の朝には返信するべきです。こういった「丁寧な対応」ができない=雑、という話になるわけです。

更に、このお話ではここが大事。
恋愛は相手がどう思うかが全てです。14日の朝「すみません、寝てました」と返事をしていますが、これ皆さんだったら、素直にそのまま信じられますでしょうか?

僕だったら、「彼女、なんか盛り下がってるっぽいな」と感じます。だって、翌日15日の連絡にしても、返答がすっごい遅かったわけですから、「本当に寝てた」のではなく、「盛り下がって返事が遅くなった」ように感じます。こうして、どんどん実らない方向に進んでいく……これが雑な人の恋愛だと感じたのです。

要は、お相手の気持ちを大切にせずに、雑に扱っている。
そういうことなのだと思います。

〜 次回は後編をお届けします 〜

・日常に出来ていたら、こんな失敗はなくなります
・仕事でも、雑こそが全ての元凶

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のお申込み
無料相談掲示板 悩みの足跡
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まずは自分自身が向き合おう

2018/07/27 15:28
最近回答をしている「教えて!goo」にて、こんなご相談がありました。
婚活(お見合い)についてのお話です。

<ご相談>−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

結婚相談所に入会している30歳女性です。
35歳で自営業(内装業)の方とお見合いして、お互いもう一度会いたいと希望し、一週間後またお会いすることになりました。話しやすく素敵な方なんですが、自営業であることが心配です。私は介護士で、収入も多くありません。今後のことを考えると、やっていけるのかな?と思います。

もう一件お見合いが決まっていて、その方は地元の優良企業に務めているそうです。もし誰かと交際期間に入ったら、紹介は止まります。たとえ素敵な方でも収入が安定している方を選ぶべきなのか、自営業だからといって断るべきではないのか…。いろいろ悩んでいます。

掲載元はこちら。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10574014.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

はい、皆さんはこのお話をご覧になって、
どのように感じられますでしょうか?
第一印象といいますか、それを言葉にしてみてくださいね。







はい!僕は「なんか違うのでは?(苦笑)」と感じました。仰っしゃりたいことは、わからないでもありません。でも、そこじゃないよね、という感じがするのです。条件を見てお相手を見ていない、そんな感じだと思いました。

結婚とは「株式会社 ○○家」をこれから50年一緒に運営していくパートナーを探すことです。それは会社の採用面接をするのと非常に似ています。

・「この人、カッコいいから採用」なんてありません。
・「この人、いい大学出てるから採用」もありそうでありません。
・「この子、オッパイちゃんだから採用」はあるかもしれません。 ←ナイナイ!

僕だったら谷間……じゃない、目の前にいる「その人」を見ます。信頼できそうか、一緒にやっていけそうか、といった面ですね。あと、上記のご相談は「上から目線になってるよね」と感じた方もいらっしゃると思います。本来の姿で言いますと「私は介護士で、収入が多くない」なら、お相手にも高収入は求められないのでは、ないでしょうかっ!? ←だよね?

「自分が年収1千万だから、相手も年収1千万を求める」なら、わからないでもありません。なのに、婚活現場では「自分が低いからお相手は高収入」という人が目立ちます。本人目線では当たり前のようになっていますが、端から見るとおかしいのです。

女性がそれをやりたいなら、27歳までにやらないと!です。最近は、20代で婚活をしている女性が増えてきましたが、これは、そういうことがわかっておられる皆さんだと思います。ところで先程「自分が年収1千万だから、相手も年収1千万を求める」なら、わからないでもないという話をしましたが、これ、実践では逆がお勧めです。

「自分が年収1千万だから、相手も年収1千万」を求めるから決まらない。「自分の年収1千万を武器にして、年収は低くてもいいから○○な人」を探す方が良いのです。

○○は自分の求めるもので良いです。
かっこいい人、若い人、などなど。

つまりは、20代で婚活を頑張っている女性の皆さんは、
20代という若さを武器にそれをやっているわけです。

…………。

というわけで、自分の武器を自覚して、「その代わりに何を求めるのか」という発想が良いと思います。特に年収がある人は、同じものを求めるのではなく、それを武器にした方が良いと僕は思います。また、取り立てて武器がない場合は、どうしたらいいか……は謙虚な姿勢で考えると、お分かり頂けると思います。

ともあれ、婚活で大事なことは「向き合ってくれるお相手」と出会うことです。そのために、まずは自分自身が向き合うこと。条件ではなく「お相手」を見ることを、忘れないようにしましょう。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のお申込み

無料相談掲示板 悩みの足跡
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やじ馬の気づかいは役立たず!?

2018/07/20 02:19
先日の西日本の大雨は、大変なことになっていました。
被災地のお話をニュースで見る度に、何とも気の毒で仕方がないのですが、その報道を見ている中で、こんな記事がありました。

冠水の倉敷・真備に「やじ馬」 市は困惑「救助の妨げ」
https://www.asahi.com/articles/ASL793GLYL79PTIL00H.html

……なんとも、唸ってしまうお話です。

内容は題名の通りで、まず、やじ馬が救助の邪魔だと。この記事は7/9のもので、まさに大雨の直後なのですが、「昨日の今日でやじ馬に行く」という神経が、僕には受け入れ難いのです。また、そのやじ馬が「よかれ」と思って支援物資を置いて行くそうですが、これも邪魔になっている、というダブルで迷惑なお話なのです。

うん、そうだと思います。
皆さん、なぜだかわかりますか? ←大事ですぞ!わかったら偉い。
はい、考えてみましょう!







リアル教室「気づかいの達人になる講座」でお話していることなのですが、気づかいをする際には、ありがた迷惑にならないことが大事です。

このお話で言えば、そもそも論!!この時期にやじ馬に行くような人が考える「気づかい」なんて、ロクなものじゃないのです。だって、本当に気づかいのできる人は、やじ馬に行きませんからね。だから、「それすら」わからない人が、何をやってもダメなのです。(そこにいること自体が、迷惑になっているわけですし)

これ、恋愛相談で言えば……そう、最近ありましたね。
「PREMIUM No.794 シングルマザーの頑張り方」で出てきた下記のお話です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
> 彼とは電車で2時間の場所に住んでおり、週1回はデートしています。
> 彼の家で会う時は2時間かかり、その時は家まで車で送ってもらっています。

電車で2時間の距離を、彼に車で送らせているなんて……僕は驚きました。
往復したら高速使っても4時間かかる話です。シャレにならないと思います。

そんな無駄なことを彼にさせる人に
ありがとう法ができているわけがない……となるのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このお話と全く同意だと思いました。
ご相談者様には厳しいお話ですみません。しかし、大事なことですので、ぜひこれを機に「根っこから」ありがとう法を身につけて頂けたらと思います。このお話は、少し前にPREMIUMで取り上げた「武の言葉」にも通じます。表面的な行動をどうするかではなく、根っこにある心、気持ちの問題だと。

こちらです。
「努力すればきっとなんとかなるって、そんなわけないだろう」
http://kokoro-movie.com/2018/01/21/post-18013/

このお話には、相手を思う気持ちがあったら、表面上の作法を知らなくても大きく外すことはない、そんなお話がありました。これは反対に言えば、相手を思う気持ちがなかったら、表面上の作法を覚えても意味がないということであり、それが今回のやじ馬の話や、恋愛相談に見る「ズレた気づかい」になっているのです。

今日も僕は、あるご相談者に「僕に相談を丸投げしないように」と伝えました。「どうしたらいいでしょうか?」と、自分では何も考えずに相談していたのですがこれは、そんな姿勢だからうまくいかない……という話になるのです。

相談例ですと、どんな相談をする際も「私は○○したらいいと思うのですが、先生これで良いでしょうか?」という形で相談するのが良い姿勢です。自分なりに考えているので、これを続ければ、いずれ正しい答えを自分の力で導けるようになるのです。大事なことは、メルマガでいつも出てくる「3、2、1」です!自分の頭で考えること、その力をつけることが大事なのです。

これは仕事でも同じです。上司に質問する際は「これ、どうしたらいいんですか?」ではなく、「これは○○で良いのでしょうか?」と自分で考えてから質問することで、自分で正しく判断ができるようになっていきます。

…………。

全ての話に共通する大事なことは、
どうするかという「表面上の答え」ではなく、
根っこにある「心持ち、姿勢」である、ということです。

これをぜひ忘れずに、皆さんの心に置いて頂けたらと思います。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のお申込み
無料相談掲示板 悩みの足跡
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


習ったら生かそう!体質改善の進め方

2018/07/01 00:46
体質改善をするために、リアル教室にいらっしゃる方は多いです。
あっ、体質改善とは具体的には下記のようなものです。

・面倒くさい発言をしてしまうのを改善する。
・マイナス思考をしてしまって、行動できなくなるのを改善する。
・カケヒキ論を捨てて、素直にまっすぐ考えられるようになる。
・思い込みを捨てて、男心女心を知り、それを行動に活かせるようにする。
・自分の頭で考えること、よく見る力を身につけ、ありがとう法を身につける。

さて、そんな中で先日「こりゃ!」なことがありました(^^;ナハハ
些細なことなのですが、さあ、皆さんはどう思われるでしょうか?

講義開始前、教室にひとり、ふたり……と集まっている時のこと。リアル教室はマンションの一室で行うのですが、玄関は開放して「教室はこちら」という看板が出ています。そこから入ると奥にドアがあって、その向こうが教室です。その日は暑かったので、僕は教室のドアは閉めてクーラーを効かせていました。そして、3〜4人くらい集まった時にふと見ると……ドアが全開放!開けっ放しだったのです。

「こりゃ! ここ開けっ放しにしたの誰っ!?(^^;」

「あっ、すみません。私です」

「こらぁ〜。クーラーつけてるのわかるでしょ。なんで開けっ放しにするの??」

「ああ……私が来たとき、開けっ放しだったので……」

ううん、そうじゃないんだ……_| ̄|○ というわけです。

この教室に何を習いに来ているのか、それは上記にあげたようなことです。なのに、このドアを開けっ放しにするようでは、まだ頭が働いていない、生かせていない……そうなってしまうのです。勉強と現実を切り離していると言いますか、これではよろしくありません。

習ったら生かす。
というか、生かすために習う。 ←こっちが本命!
その意識を「スイッチON!」して頑張りましょう、と。

他にもありました。
「気づかいの天才、浅田先生になる講座」を先日開催したのですが、この時に、「浅田先生は常に、本当にいつも笑顔でいらっしゃる」という話があったのです。この話をしながら、僕は生徒さんの顔を眺めたのです。すると……

「なるほど……(*_*)」
「ふーーん……(._.)」
「そっかぁ……(-_-)」

「こりゃ、誰も笑顔になってないじゃん!(笑)」

「えっ!?(汗)」 ←一同、焦る。

「だから、常に笑顔なんですよ、笑顔っ!(^o^)」

「あ……ああ、すみません(^^;」

これも勉強と現実が切り離されている、わかりやすい例だと思います。せめて聞いた瞬間くらいは、やってみようと努力する。そのスイッチを皆さんONにして頂けたらと思うのです。



……でっ!(笑)



今、メルマガをご覧になりながら、笑顔になってみた人はエライのです!何人くらいいたのかなぁ?

さて、最後はほんわかするお話です。約半年前に、リアル教室に「美人だけど性格の悪い女性が来ています」というハチャメチャな紹介をしたことがありました。2017年末ころのPREMIUMメルマガです。(※掲載時にご本人から、この文面で紹介OKという承諾を頂いています)

「7人の男にナンパされるのがノルマ」で、それを達成しないと、駅→自宅→駅→自宅……を往復するのが日課という、恐るべき女性です!あれから半年、まだ1/3くらいは「そういう面」が抜けていないと感じますが、それでも2/3は、凄く「いい女」になったのです! 何があったかと言いますと……

「先生、この前職場でクジ引きがあったんです」
「くじ引き?」

「はい、それで私、なぜか5000円の商品券が当たったんです(笑)」
「おおーっ、すごいじゃん」

「その時ですね、私、自然と“ああ、このお金でみんなで美味しいものを食べよう”って思えて……」
「ほお!」

「お菓子を買ってきて、職場のみんなで食べんたんです」
「ほおおおっ!」

「これ、以前の私だったら“やったー! 何買おうかな”って、間違いなく自分のことしか考えなかったんですが、今回は、すぐに自然と“みんなで食べよう”って発想が出てきて……」
「うんうん!」

「すぐ行動できたんです。すっごい自分が変われたなって、自分で驚きました(*^^*)」
「うん、それはすごい変化だねぇ!すごいよ、すごい!7人ナンパされるまで往復してた頃とは段違いだよ〜(^o^)」

「はい(笑)」

これ、僕は真面目に感動しました。あのKさんが、ここまで変われたかと。「自然にそういう発想が出てきた&すぐ実行できた」というのが、素晴らしいです。発想を変えるのがまさに体質改善であり、そして、行動力を養うのも恋愛教室では大事なポイントですので(ありがとう法も行動できないと意味ないですからね) その両方が身についた、その証明だったと思います。

何度も教室に通ってマーチン先生論に触れて、お話していることで、じわーっと染み込むように、おもてなしや気づかいの心が身についたのだと思いました。

……というわけで、みんなでKさんに続いて頑張りましょう!

僕自身も頑張ってまいります(^o^) ←常に笑顔(笑)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のお申込み

無料相談掲示板 悩みの足跡
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


先の展開を見据えて決めよう

2018/06/25 00:58
「先生、あれから連絡がないんですよ。どうしましょう?」

「……ってことは、水曜日のデートの後にお誘いしてから、返事がないんですか?」

「はい」

この時点で3日後の土曜日の昼過ぎ、恋愛教室の授業中でした。「恋愛相談事例集」の講義だったので、「まさに恋愛相談事例だ!」ということで、この女性Yさんのお話をリアルタイムに取り上げて話していたのです。経緯を簡単にお話しますと、このような感じです。

1.5/12(土)結婚相談所でお見合いをして、双方OK。
2.5/19(土)お食事デート。ここでマーチンのアドバイスで翌日をお誘い→OK!
3.5/20(日)葛西臨海公園デート。観覧車に誘うと「いやいや」と断られた。Why?
4.5/26(土)六本木ヒルズのアート展デート。この時、再度マーチンのアドバイスを受け、火曜日か水曜日あたりをお誘いする→水曜日OK!
5.5/30(水)お食事デート。これが上記会話のデートです。

結婚紹介所の男性はリードするのが上手でない人が多いので、進展するように自分(女性)がリードする方がいい、という方向性でお話していました。上記、既に出会ってから半月以上が過ぎており、4回デートしています。……ということは、もうそろそろ男女としての進展がないと、互いに萎えるのです。

これで男性任せにして萎えてしまったのが、以前ご紹介したPREMIUM 2018年2月6日号「No.777【一本立て】ヘタレ男子よ、刮目せよ。これがNGデートの実例だ!」です。

ご興味頂けましたら、こちからどうぞ。
http://www.mag2.com/archives/P0000272/2018/

FC2ブログ。1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1243.html

紹介所を運営して4年。仮交際に進んでも、こうなってしまう男性がかなり多いのでそうならないように頑張ろう、という趣旨なのです。そこで、この水曜日デートで、

「次回は私がご飯作りますので、よかったら○○さんのお家でお食事しませんか?」

とお誘いしたのです!
うん、よく頑張って誘えたと思います。
そしたら、返事はこうでした。

「部屋が散らかってて片付けないといけないので、またお返事します(^^;」

「この彼……ダメだねー_| ̄|○」 ←僕ね。
「はい(苦笑)」

「女の子がここまで言ってるのに、ためらう意味がわからない。僕だったら“ホントに!? じゃあ、部屋をピカピカに掃除しておきますね!”くらいのことは言うけどね〜」
「ですよね〜(苦笑) 先生、どうしたらいいでしょう? 一応、すぐ動けるようにはしてるんですが……」

「うん、見たらわかります。すごいデート仕様だもんね(笑)」 ←教室の後、すぐに動ける準備です。偉い!
「はい(笑)」

「あのね……、これ頑張ったら今日をつなぐことはできますよ。でもね、つないだ先、どうなるか……わかるかな?」
「…………」

「たぶん、同じことの繰り返しだと思うよ。彼からは積極的には誘ってこず、こちらが頑張ったら会える。でも進展はない」
「……実は、私もそう思ってました」

「この男さ、オスとしておかしいと思うのよ。動物のメスとして、腹立つでしょう?」
「はい! なんで断られるのか、わからないんです。今まで、こんなので断られたことなかったですし」

そうなのです。このお誘いを断るのは「オス」としておかしいのです!だって女の子が「私を抱いてください」って言ってるようなものなのですから。そして実は、他にも見えていたことがあります。

5/26(土)六本木のアートイベント、彼は昨年も足を運んでおり、徹夜で見て回ったそうなのです。「だから今年も徹夜で見て回るんだ」と彼が話していたと。ここで普通なら「一緒に行きませんか?」と自分から誘うものですが、それがなく、Yさんから「ご一緒していいですか?」と、お願いして一緒に行ったのです。

まず、これがヘタレ。お見合いした女性とデートしている中、ひとりで行こうとするのがズレています。またこのデートの時、18時待ち合わせだったので、Yさんは彼と食事をするために、恋愛教室でのお茶会であまり食べず、お腹を空かせて行きました。

ところが……わかりますか?
そうなのです!!
もう話は読めましたね?(笑)

食事をすることなく、延々と連れ回されたのです。しかも、途中19:30頃に「食事をしようか」という話になったそうなのですが、その時、たまたま周りにラーメン屋さんしかなく、

「デートで、しかも六本木でラーメンなんてないですよね」
「私はラーメンでもいいですよ〜(^^)」 ←お腹減ってるから何でもいいの!
「いえ、他に探しましょう」

……となって、結局食べずに23:30になったと。
そして、そろそろ終電なので帰ろうかとした時に、

「何も食べずに解散って悪いから、なにか食べましょう」
「いえ、もういいですよ。食べなくても平気ですし」
「いや、食べましょう」

……となって行ったお店が、



そば屋だったそうです。



そば屋だったそうです。



そば屋だったそうです。



お前なー。ラーメンと同じやんけ。
中華か、和風か、という違いだけやろ。

「……それ、Aさんの彼にそっっっくりですね」 ←No.777のお話です。

「はい、私もすぐにAさんのお話、思い出しました(笑)」

「あはははははは(*^^*)」 ←Aさんご本人。同席されていました。

「……やめましょう。そんなことがあったのに、女性のお誘いをためらう男なんて、いらんですよ」

「ですよねっ! やっぱり、そうですよねっ! もう、今すぐやめますっ!!」

「えっ、今すぐ?(・・;)」

そう言って、その場で結婚相談所の担当者にメールを打って、「この男、やめます!」と伝えました。 ←もっとやんわり言いましたよ☆

すごい、見切りの早さです!!!

でもこれは、過去の経験の賜物なのです。Yさんは、この3ヶ月くらいでこういった「返事がない男」に2回遭遇しており都度「なんかダメっぽいけど、頑張りたくて」という気持ちで2週間程度ひっぱって「やっぱりね……」という感じで終わっていたのです。これを生かして、「今回はすぐ!」だったのです。

「だって、時間もったいないじゃないですか。2週間あったら出会いの場にも出られるし、先生も、私もダメだって思うなら……もうダメなんですよ」

「あはははは、その通りだね(笑)」

…………。

このお話で、皆さんにぜひ取り入れて頂きたいのは、「ここで繋いで、その先どうなる?」という、先の展開を見据えることです。Yさんの気持ちとしては、本当は繋ぎたかったのだと思います。だからこそ、今すぐ動けるようにデート服で教室にいらっしゃっていたのです。

でも、「繋いだ先に何があるか」と冷静に考えた時、「今のこの感覚」が、以前経験した「感覚」とそっくりだと気づき、ここで終止符を打てたのです。更に、Aさんのお話が「パッ!」と頭に現れたのも後押しになりました。

1.こういう理屈抜きの「感覚」が身について、
2.それを信じて行動できるようになると、恋愛も仕事もレベルアップします。

仕事だと、人を使う現場で「あっ、この空気はミスが発生する雰囲気だ!」と気づいたりするのです。リーダーや管理職には求められる能力ですね。このお話を、ぜひ皆さんも覚えて頂き、このお話が「パッ!」と頭によぎった時は、その時の感覚を信じて、「勇気を出して」行動して頂けたらと思います。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のお申込み

マーチン先生の結婚紹介所、只今キャンペーン中!
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


旦那からの冷たいLINE。ええっ、私が原因っ!?

2018/06/16 09:30
2012年に初めてご相談頂いて、2015年にご成婚。
そんな方から、久しぶりにご相談がありました。

<メール>
マーチン先生、お久しぶりです。N.Yです。初回にご相談させていただいたのは2012年頃だったかと思います。その節は大変お世話になりありがとうございました。現在は結婚しまして、旦那さんと2人で名古屋に暮らして3年目になります。

……とお申込みの備考欄にあり、電話相談をいたしました。メルマガでご紹介することは、ご本人にご承諾頂いております。と言いますか、掲載をご希望です(笑) ←詳しく解説されるのでお得なのデス

お二人は2015年9月に入籍。(交際〜入籍まで1年5ヶ月)
旦那さんは32歳、N.Y.さんは33歳。
そして、ご相談内容は……

「LINEでも最近なんか冷たいって感じるし、些細なことで喧嘩をしてしまうんです……」
「ほお」
「先生、どうしたらいいんでしょうか……?」
「ちょっと待ってください、全然わかんないですよ(笑) 具体的に何を言われたのかなど、教えてください(^^;」
「あっ、はい。例えば……」

◆ 君はいつも臭いけど。ええっ!? ◆

「LINEのやりとりをしていた時にですね、私が“今日は餃子食べたので臭いかも”って送ったんです」
「うん。そしたら……?」

「“いつも君は臭いけど”って言われたんです。ひどいって言うか、なんか冷たいって言うか……」
「ああ、それ。本当に臭いんだと思うよ(アッサリ)」

「ええっ!?」
「Nさん、本当に口が臭いんだと思うよ。男性がそういう言い方をする時は、本当にそう思ってるんだよ」

「そうなんですかっ?」
「僕もそういう言い方で伝えたこと、何度かありますよ。女性って自分がワキガだったり、口が臭いのを知らない人が多いから(苦笑) それを自覚することが、まず大事だよ」

「ええええっー?」
「今まで旦那さんに、それっぽく言われたことないですか?“ハミガキしろよ”とか、“胃が悪いんじゃないか”とか」

「ああっ!“胃が悪いんじゃない?”は、何度か言われたことがありました」
「ほら。その頃から思ってるんだよ。で、最近はケンカっぽくてイライラしてるから、バッサリ冷たく言われたんだよ」

「そうだったんだ……」
「こんな感じで些細なダメ出しをされたら、本当に直した方が良いよ。結局悩むの自分になるからね」

「はい、わかりました」

こういうお話、結構あります。冷たく言うお相手が悪いのではなく、臭い自分が悪いっ!それに何年も気づかずにいたことを猛烈に反省して改善しましょう(笑)

◆ 「些細なケンカ」の超具体例 ◆

「他にはですね、先日、旦那さんの仕事の都合で、“今日は互いに夕食を別々にとろう”という話になったんです」
「うん」

「そこで私は昨日彼が作ってくれたハンバーグを使って、ロコモコ丼を作ってLINEで写真を送ったんです。そしたら彼がすぐに家に帰ってきて……」
「うん(もう読めた)」

「“もう1個作ってくれてもよかったのに”って言われたんです。でも、彼は夕飯には、白いご飯を食べないので、私は……」
「ごめん、話遮ってしまうけど、先が見えたのでいい?」

「えっ?」
「それさ、彼は多分ね、Nさんが“ロコモコ丼、2つ作ったよ”ってLINEをしてきたように思ったんだよ」

「ええっ!?」
「だって話聞きながら、僕はそう思ったもん」

「えええ!? だって、別々に食べようって言ってたし、彼は夕飯に白いご飯は……」
「だから彼は怒りはしなかったんだよ。“ああ、俺が勘違いしただけか”って。でも、さすがにそれは、そう勘違いするだろって思って、“もう1個作ってくれてもよかったんだよ”って言ったんだよ」

「そっか、そういうことだったんだ……。すっごい、先生! その後の彼の態度とか、そう思ったらすごいしっくりきました」
「でしょ? その先、どういうケンカになったのか聞いてないけど、そんな感じだったんでしょ?」

「はい、だから、なんか悪かったなって思って、彼に手紙を書いたんです。本当にごめんなさいって、それを伝えて」
「やれやれ。こういうのがあるから、話し下手っていうか、“お前の言いたいことはわからん”って思われるんだね。(←そんな話もありました) で、イライラさせてしまって、きつい言い方されてしまうんだよ」

「ああ……そういえば、“主語がないよね”って言われたことがあります」
「うんうん(相談の最初も、意味わかんなかったもんなー)」


「で……またやらかしたんです」
「何をしましたか?(笑)」

「昨日、私が麻婆茄子を作るって話になって」
「うん」

「いつも麻婆茄子作る時には、二人がお気に入りのルーがあるんですが、それが冷蔵庫にあると思っていたのに、なかったんです」
「うん」

「なので、“冷蔵庫にルーがなかったー(>_<)”って彼にLINEしたんです」
「うん(めんどくさっ!)」

「そしたら、彼からルーの作り方の説明が届いたんです。豆板醤にあれ入れて、これ入れて……って。あっ、彼は料理が好きですごく詳しいんです」 ←週末は彼が作っているそうな。
「ほお〜」

「で、最後に“じゃあ、頑張ってね”って言われて。それが、すっごいカチンと来たんです!!」
「……なんで?(^^;」

「えっ、きませんか? 超上から目線に思ったんですけど」
「来ないよ。それより、そもそも“冷蔵庫にルーがなかった”っていうLINEが面倒くさすぎです。そんなの送ってくるなーって思うよ。僕だったらスルーするわ(笑)」

「えええ、そうなんですか?」
「だって“だから、何だって言うんだよ”ってなるよ。ないなら黙って買いに行けよって、ただそれだけじゃん」

「……はい、確かに」
「僕だったら買いに行けって思うけど、彼はレシピを知ってたから豆板醤にあれ入れて……と送ってきてくれたんだよ。スルーされずに返事が来ただけで、感謝すべき話だよ」

「そうなんだぁ……」
「で、どうなったの?」

「ホントすみません。昨日はすっごいイラついちゃって。“だったら、それぞれ別々に作った方がよくない?”って送りました。そしたら、彼から“ちょうど今週は遅いから、しばらく別々に食べよう”って。手紙も返すよ。毎週こんなんだと疲れるねって……」
「うんうん。疲れるわー」

些細なケンカの具体例なのですが、些細なケンカというよりも、自爆しまくりな具体例、そんな気がいたします。そして、「どうやって仲直りしたらいいでしょう?」というのが、その日のご相談の趣旨で、その回答と結果が下記の記事なのです。マーチン先生さすが!でした。

「先生の仰っていた通りの展開に…」
https://www.martin.ne.jp/?p=3592

◆ マーチン先生の不妊治療講座 ◆

「あと、先生。もうひとついいですか?」
「はい、いいですよ〜」

「私、今、不妊治療に通ってるんです」
「……結婚したのいつでしたっけ?」

「2015年9月です。一旦通っててやめて。また1年くらい前から半年くらい通ってて、それも疲れちゃって……」 ←やっぱり日本語ヘン。
「ちょいまち。それって行くの早すぎない?もうちょっとさ、普通にしようよ」

「普通に……ですか?」
「溜めて打つとか、それくらいの努力はしようよ(笑)次の生理はいつなの?」

「えっと……ええっと……(汗)」
「本人が即答できない時点で、ちゃんと頑張れてないよ。僕なんて現役時代は付き合ってる女の子、全員の生理日を把握してたよ(笑)」

「それもどうかと思いますけど〜(笑)」
「あははは(笑)で、いつなの?」

「前回が5月9日でした」
「周期は28日でいいの?」

「30日です」
「じゃあ、今月はもうチャンスは終わってるので……(相談日が5/29)6月の生理は8日が予定日だね」

「はい、そうなります」
「とすると、次回の排卵予定日が6/24(日)だよ。前日の23日(土)、当日の24日(日)にエッチしまくることと、18日(月)から旦那さんに溜めてもらったらいいんだよ(笑)」

「溜めてもらうんですか?(笑)」
「そう。禁欲して、たくさん溜めてからするの(笑)」

「これまで排卵2日前にチャレンジするようにって言われてたんですけど、前日でいいんですか?」
「生理って遅れることはあっても、早まることは、まずないんじゃない?」

「はいっ! そ、そうですっ! なんでわかるんですか?」

「たくさんの女の子と付き合ってきたからねぇ(笑) 精子の寿命は3日間と言われるから、2日前にエッチしちゃうと、排卵が1日遅れたらギリ有効、2日遅れたらアウトだよ。つまり生理が遅れることはあっても、早まることがまずないなら、排卵の1日前にした方がチャンスが増えるんだよ」

「た、確かにっ! 先生って、産婦人科の先生よりわかりやすい!」
「産婦人科の先生は、ここまで砕けて説明しにくいでしょうからね〜(笑) 溜めて打つ話も、してもらえませんでしたか?」

「はい、初めて聞きました」
「うわー(笑)」

はい、会話の内容で、ほぼ説明は不要だと思います。少し補足しますと「溜めて打つ」話はですね、男性が5日〜7日間くらい禁欲してエッチに臨むということです。そうすることで、通常より多くの精子が出るのです。

あとNさんは、エッチした後に逆立ちしていたそうですが(←スゴイねぇ!)、そこまでする必要はありません。アソコから出てきてしまうのが気になるなら、彼(旦那さん)がイッた後も、しばらく合体したままでいると良いです。余韻が気持ちいいし、一石二鳥です!合体したままでいるのは、正常位だとムリですが、うつぶせバック、横臥位(横向きバック)の体位でしたら楽にできると思います。

あとですね、この4月にご成婚退会になったMさんが、当時仰っていました。

「結婚が決まったので、不妊治療に行こうと思うんです」
「はあっ? なんで?」

「だって、私37歳ですし……行った方が良いかと思って」
「いやいやいや(笑) 行かなくていいですよ、そんなの。まずは普通にしてください。普通にして出来なかったら行くものですよ」

「それでいいんでしょうか……?」
「いいです。私は、まずは普通にすることをお勧めしますよ(^^)」

これ、Nさんのご友人でも同じような話があったそうです。不妊治療をしていたのですが、成果がなくて毎回お医者に行くのが辛くなったと。なので、行くのをやめて普通にエッチすることにしたところ、そしたら、すぐに出来たそうなのです。こういう話、割と耳にします。あるべき姿として、子作りは苦痛を味わってするものではありません。気持ちよくするものですからね。

なので、まず、あるべき姿に立ち返ってトライしましょう。
「安易に」お医者に頼らないように、 ←これが大事かと。
頑張って頂けたらと思いますヨ!

…………。

というわけで、恋愛教室は結婚してからも役に立ちます!
ゴールインしても解約しちゃイヤですよ〜(笑) 
末永く、宜しくお願いいたします(^^)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
マーチン先生の恋愛教室PREMIUM 初月無料でご覧頂けます

リアル恋愛教室、生徒募集中
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「まずやってみる」これが成功の法則

2018/05/31 22:31
マイケル&マドンナご夫妻、
ご成婚おめでとうございます!

お二人のメッセージ&写真がアップされていますので、
まだご覧でない方は、こちらをご覧になってみてください。

私たちがこうして出会うことが出来たのも…
https://www.martin.ne.jp/?p=3555

ううん……。僕はこの記事を書きながら、本当に涙が出ました。マイケル、よく頑張ったね。本当におめでとう。マドンナさん、マイケルのことをよろしく頼みます。ホントに弟みたいに思っていたので、ああ、今もまた涙が……(;_;)

マイケルはスカイツリーの展望台で、プロポーズをしたそうです。「俺と添い遂げてください。ずっと離婚しない結婚をして下さい」と。「これだけは絶対に言わなければ」と、僕の言葉を覚えていてくれたそうです。とっても嬉しいです。マイケルは僕の後継者というわけではないのですが、僕の意思を継いでくれた、そう思えたはじめての人でした。

恋愛相談師も結婚紹介所のカウンセラーも、楽な仕事ではないのですが(笑)「やっててよかった」と心から思えた週末でした。

さて今回は、お二人のお話に関連しながら、
今の婚活事情など、ほっこりお話したいと思います。

◆ 男性向け、婚活指南作成しました! ◆
こちらのページ、ご覧頂きましたでしょうか?
この度、新規作成した力作です!

男性向けの婚活指南
https://www.martin.ne.jp/?page_id=3508

内容を見ると、およそ他では見ることできない「超辛口」な意見があります。女性が見たら、たぶん死ぬほど笑えますし話のネタになると思います。男性が見た場合は、こう。

1.笑えた人。「マジでこんなヤツいるの!?」と思った人はOK!
2.「……」となった人はヤバイ!
3.「マーチンってヤツ、固すぎない?」等と思った人はアウト!

時代が変わっても、男と女の本質は変わりません。そして、人間の本質も変わらないのです。マーチン論は、そこに核を据えてお話しています。だから、スタートから18年経っても話す本質は変わらないのです。僕が70歳までメルマガを書くとしたら、あと23年。23年後も変わらず、2本で1000円、2本で1000円。20年前のお値段です♪ ←それは竿竹

うん、20年後もカケヒキしないこと。ありがとう法を頑張ろうと、今と同じことを話し続けていると思います。その頃は、皆さんも50歳、60歳、70歳。マイケル&マドンナのお子さんが、婚活している頃ですね。

◆ 成功者の現役の姿 ◆
5/19(土)に、お二人が結婚紹介所の退会手続きにいらした時のこと。色々とお話する中で、僕が「マイケルは、本当に僕の言うことを素直に聞いて頑張ってくれた」という話をしたのです。そしたら、奥さんが……

「そうなんです! この前も、メルマガで待機児童の話があった時に、すぐ“ここはダメだ、ここは大丈夫そうだ”って調べ始めてくれて……」
「うわ、そんなすぐに?」
「はい、ホントすぐに、です(笑)」

という話をなさいました。これぞ、まさしく「マーチン先生の言うことをそのまま聞いて実行してくれる」という「成功者の現役の姿」だと思いました。もちろん、奥さんもマーチン先生の言うこと聞いて頑張ってくれましたよ。入会時にこんな話がありました。

「このシートにプロフィールを書いてください」
「はい。名前……、年齢……、住所……」

「あっ、趣味は一緒に書きましょう」
「はっ、はい」

「料理得意っ?」
「……(^^;;;」

「嫌いですか?」
「嫌いじゃないです」

「やろうと思えばできるのね?」
「はい、それはできます」

「よし、じゃあ、趣味の最初に“お料理”って書いて」
「わ、わかりました(笑)」

「そして、お料理教室に通うんです。絶対ですよ?」 ←真面目なセンセ
「あっ、最近は行ってなかったけど、お料理教室には入ってますので……」

「やった、ならOKです! ちゃんと行こう!」
「はい!(^^)」

そしてご入会後、すぐにマイケルとお見合いをして、やる気モード!
それからちゃんと、お料理教室に通っていたそうなのです。

「マイケル、マドンナはちゃんとご飯作ってくれてる?」
「はい、泊りの時はいつも作ってくれてます(^^)」

「先生、私ちゃんとお料理教室行ってますよ〜(笑)」
「おおお! そっかあ。それはよかった。マイケルすっごい食べそうだよね?」

「はい、食べまくりです(笑)」
「いっぱい食べてくれると、作り甲斐があるでしょう?(^o^)」

「はい、そうなんです〜(*^^*)」
「よかったねぇ(^^)(^^)(^^)」

「先生、自分も思ったんですけど、やっぱり料理はでかいですね。“この料理がずっと食えるんだ”って思うとテンション上がります。ホントに美味しいんですよ〜」

でた、ご成婚者の男性が口にするセリフ!!毎度ご紹介しますが、ホントに料理は大事なのですよっ!

・「君が作った方が美味しいから、家で食べようよ」
・「○○をまた作ってよ〜」 ←コロッケとか、お気に入りの料理です。

こんな感じで言ってもらえるようになったら、ゴールイン間近です!頑張り中の女性は、このセリフを言ってもらえることを目指しましょう。

◆ 学費分は回収しないと意味がない ◆
話は変わりますが、僕はずっと「仕事が忙しくて会えないことは、絶対にない」とお話していますよね。実は今回、マイケルがそれを証明してくれたのです。マイケルはMBAを取得するために大学院に通っていたのです。その卒業試験が、この3月にありました。

※MBA:経営学修士号。経営学の大学院修士課程を修了すると得られます。資格のように思われがちですが、学位という方が正しいです。

お見合いが2月3日で、正式交際が3月から。まさに、一番勉強しないといけない時ですが、お二人は毎週1.5回ペースで会って、順調に信頼関係を築いていかれました。この2年、マイケルは大学院に行くために実家に戻っていました。仕事場まで片道2時間、往復4時間。そんな中でもちゃんと会っていたのです。この状態のマイケルよりも忙しい男なんて、探す方が難しいでしょう。向き合ってくれているお相手だったら必ず会える、その証明です。

さて、マイケルはこのMBAを取るために、600万円くらい(もっと?)投資したそうです。そもそも大学院に入るための勉強をするための学校。そして、実際に入学した後の学費や参考書代です。

「参考書も、普通の値段じゃないんですよ。 1冊7万円とかするんです」
「えええぇぇぇーーーっ、なにそれ〜っ!(゜゜)」

「そういうのが何冊もいるので、すごいお金かかります」
「……それ、今から本気で回収しないとね」

「そうなんです。だから、今転職しようかと思案中です」
「うん、マイケルはいい感覚してるね。安心した」

これ、給料が毎年手取り100万円増えても、回収するのに6年かかるわけです。つまり学位取っても、収入がプラスになるのは7年後から……ということです。人生哲学になりますが、資格は取るだけでは意味がありません。同様に、大学や大学院も出ただけでは意味がありません。それにかかったお金を回収するつもりで社会に出ないと、無意味なのです。(←これわかっていない人が多いです)

「うん、マイケルはいい感覚してるね。安心した。経費回収しないと、っていう発想があるヤツじゃないと成功しないよ」
「わー(*^^*)」 ←ほっこりマドンナ

「思うんだけどさ、最近、奨学金が返済できずに自己破産してるニュースがあるでしょう?」
「ああ、ありましたね!」

「あれって、ただ本人が甘いだけだと思うんだよね。(ゴメンなさい!) お金返すって意識がないなら、借りてまで大学行っちゃダメなんだよ」
「そうです、そうです! 自分もそう思ってました!」

「お金を借りてる意識がないから、そういうことになる。経費取り返すっていう発想がないから、お金が得られないんだよなぁ」
「うんうん」

こういう現実も、皆さん知っておいて頂けたらと思います。

◆ 同じ生活をしようと思わないこと ◆
他には、マイケルたちの新居のご相談を受けました。都内に住まいを構えるおつもりなのですが、マイケルはずっと大事にしている車を持ってくる前提で全ての話をしていたのです。そこで僕が……

「あのさ、僕だったら車やめるけど?(笑)」
「ええっ? でも先生。マイケルさんは車すっごい大事にしてるんですよ」←マドンナね。

「メルマガでも言ってたじゃん。結婚してから、独身時代と同じように過ごそうとするなって」
「あああ……確かに」

「二人だって、すぐ子供欲しいんじゃないの?」
「あっ、はいっ!」

「だったら、乗りまくって遊ぶワケじゃないんだから、車ナシで家探したらいいよ。それで実際に暮らしてみて“やっぱり車がないとダメだ!”ってなったら車を持ってきたらいいんだよ。それまで数ヶ月実家に置いとけば?」
「な、なるほどっ」

というわけで、この案が採用になったみたいです♪これはご覧の皆さんにも、是非取り入れて欲しい考え方です。何かをしようとしたら、お金がかかります。潤沢にお金があるならやればいいですが、そうでないなら、まずナシでやってみる。実際に試してみて、それでダメなら「本当に必要だ」ということなので、その時は迷いなくやればいいのです。

恋愛相談で言うところの、「お誘いしてダメだったら、どうしたらいいんですか?」ではなく、「まずやってみよう。ダメだったら、その時に考えたらいい」という話と考え方は同じですね。そういえば教室の生徒さんで、他にもご成婚者がいらっしゃるのです!

記事アップしました。こちらです。
https://www.martin.ne.jp/?p=3589

このYさん(女性)は、九州に交際中の彼がいらっしゃり、お二人の間では結婚しようと話ができたのです。しかし、姑さんがどうやら結婚に反対のようだと。それで、

・どうやって説得したらいいか。
・嫌われたら、どう対処したらいいのか。
・何か贈り物をした方がいいのか。

などなど、心配しまくりだったのです。
この時、僕が伝えたのはこれ。

「まずご挨拶に行ってみなよ。それで気に入ってもらえたら、 今言ってること、全部ムダな悩みになるよ(笑)」

それでも「でもでも……」と1ヶ月くらい悩み続けていたのですが、実際ご挨拶に伺ったところ、気に入られて意気投合! 二人で食事をするほどの仲になったのです。

「先生、本当にムダなことで悩んでました……(^^; 案ずるより産むが易し、でした」
「だから言ったじゃん(^^;」

つまりは、まずやってみる。これって、すごく色んなことに共通する「成功の法則」なのかもしれませんね。

…………。

色んなお話をいたしましたが、
マイケルご夫妻&Yさんおめでとう!!
これからも、ずっと応援しております。
そして、後輩の皆さんに温かいご指導を、宜しくお願いします(^^)

P.S.婚活中の皆さんへ
マイケルご夫妻、Yさんのご成婚を祝して

6月1日〜7月15日まで、
マーチン先生の結婚紹介所 ご入会金半額キャンペーンを開催します!


ご興味頂けましたら、ぜひ一度お話を聞きに来てくださいね。
>> マーチン先生の結婚紹介所

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
これが恋愛の必勝法
これが恋愛の必勝法 4月になって、新しい出会いが各地で勃発しています(笑) この時期には、こういう話↓↓に触れることが多いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/30 15:13
LINEに振り回されることなかれ!〜未読&既読スルー〜
LINEに振り回されることなかれ!〜未読&既読スルー〜 10年ちょっと前に「携帯依存症」という言葉がありましたが、今では更に良くない症状(?)、「LINE依存症」が多発していると感じます。ずっと以前、LINEを開発した人のコメントをTVで見たことがあるのですが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/30 20:44
頑張るべき時に、頑張りきる。四手先の行動を読もう!〜前編〜
頑張るべき時に、頑張りきる。四手先の行動を読もう!〜前編〜 「今日はお疲れさまでした!(^^)  とても楽しかったです〜(^o^) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 03:42
これぞ、ありがとう法ですね
これぞ、ありがとう法ですね 素敵なお話が目に留まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 06:37
●PREMIUM No.776【特大号】彼女にとって僕の存在は? & 好きって言わない方がいい? 他
今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。 ─────────────────────────────────────                                2018/01/30  −/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /− ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 23:39
●PREMIUM No.775 「ちゃんとした交際」になるように行動しよう/ハッキリさせたいけど…と
今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。 ─────────────────────────────────────                                2018/01/23 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 06:37
満場一致でやめた方がいい男 〜素材が全てだと言ってよい〜
「彼とはアプリで知り合ったんです」 「ああ、ペアーズとかそういうヤツですね?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 01:33
当たり前のことを、当たり前にやろう
結婚紹介所を運営しはじめて、早3年。 僕の紹介所は女性が多いため、様々な男性とお会いするのですが、最近は男性のレベル低下が著しい、そう思えてなりません。恋愛云々ではなく、大人として、常識として……そういう感じです。……と言うと、男性には耳の痛いお話ですが、もしも、このお話が該当するなら改善して頂けたらOKですし、そうでないなら ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 23:25
もういくつ寝るとクリスマス♪
もういくつ寝るとクリスマス♪ も〜う、い〜くつねぇ〜るぅ〜とぉ〜、お正月ぅ〜♪ という時期になって来ましたが、その前にクリスマスがありますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/22 02:56
●PREMIUM No.770 もういくつ寝るとクリスマス♪/「生涯、男性はひとり」を貫きたい時の奥
今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。 ──────────────────────────────────────                                2017/12/12 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/13 06:07
この恋はアリ?ナシ?
今回は面白い……と言いますか、考えてしまうお話がありました。 (問題として取り上げるのに面白い、という意味です) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/23 07:09
「カケヒキは黒、真心は白」マーチン論の格言、全員集合!
「カケヒキは黒、真心は白」マーチン論の格言、全員集合! いよいよ2017年も、残り1ヶ月ちょっとになりましたね。 僕が「マーチン先生の恋愛教室」をスタートしたのが、2000年9月。あっという間に丸17年が過ぎ、18年目に突入しています。当時、僕は30歳……いや、9月だから29歳だ!29歳だったわけですが、それから17年。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/18 00:31
ショートカットする男の実例2 ホテルバージョン
ショートカットする男の実例2 ホテルバージョン 先月お届けしました「ショートカットする男の実例」がありましたね! 知り合った次の日、いきなり家に誘ってきた公認会計士の話です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/21 05:16
【特大号】ショートカットする男の実例 〜これが詐欺師の全貌だ!〜
【特大号】ショートカットする男の実例 〜これが詐欺師の全貌だ!〜 皆さん、やめた方がいい男の代表例、「ショートカットする男」を覚えていらっしゃいますでしょうか?初めてご覧の方もおられると思うので説明しますと、ショートカットする男とは! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 22:42
「連絡するね」と言って連絡しない人の心理
なるほど、題名通りですね。こんなお話がありました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 「今度飲みに行こう!また連絡します」「あとでLINEするね」と言いながらそれっきりな人、これは社交辞令なのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/26 19:03
彼は向き合ってくれているのでしょうか?
さて、今回のメルマガは前回の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 07:12
初エッチでこんなことをする男、言う男
好きになっていい人を好きになる。(向き合ってくれる人を好きになる) これって幸せになるためには、とても大事なことだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 20:55
LINEが既読スルーになった時の対処法 〜他に女がいるみたい〜
LINEが既読スルーになった時の対処法 〜他に女がいるみたい〜 最近多いご相談事例に、こういったお話があります。 「1〜2ヶ月くらい いい感じでお付き合いできていた(と思っていた)けれど、急に連絡が取れなくなった。LINEが1行だけの返事や既読スルーになった」というものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 08:33
LINEで「写真送ってね」はNG!?
LINEで「写真送ってね」はNG!? わかっている人には当然(?)に思えるのですが、 わかっていない人は普通にやってしまう。 そんなお話がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/15 22:04
お茶々へ 太閤(秀吉)より
お茶々へ 太閤(秀吉)より 豊臣秀吉が側室の茶々に送った自筆の手紙が見つかったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 05:48
男性>>>女性、激しい年の差婚が良い理由
……という内容で、雑誌の取材を受けました! うん、大変光栄なことでございます。ありがとうございますーっ☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 20:19
正しい出発点からスタートしよう
正しい出発点からスタートしよう さあ、今回は珍しく大学生からのご相談です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 03:04
やめた方がいい男への頑張り方
何度僕が「やめた方がいい」と言ってもっ!! 何度でも「やめた方がいい男」を好きになって、 何度でも、同じような男性との相談を送ってこられる女性が後を絶ちません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 23:34
お付き合いに至れない、そんな悩みからの脱出法
お付き合いに至れない、そんな悩みからの脱出法 最近、こういったご相談が目立つように感じます。 ちょっとご覧になってみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 05:07
婚活男子よ、こう口説け! その8
婚活男子よ、こう口説け! その8 キタキタキタキターーーーッ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 06:28
みそ汁で変わった人生
すごいご成婚の報告が届きました!! お話できる範囲でざっくり概要をお話しますと、こんな感じです。 -------------------------------------------------------------------------- 2016年 初旬 彼と知り合う。 2016年 春  彼に彼女がいることを聞く。数日後、初エッチ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 04:46
悩みの出口が見えない時は
悩みの出口が見えない時は 先日、ある男性が面談にいらして、こんなことを仰っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 05:00
お見合いパーティ、その外で得た気づき
リアル教室の生徒さんから、お見合いパーティ参加のご報告が届きました。 今回のご報告はパーティの中で得たものではなく、パーティの外でたくさんの大切な気づきを得られた……そんなお話です。僕のコメントを入れながらご紹介したいと思います。では、早速まいりましょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 05:58
恋愛の「技あり&有効」一覧表
婚活中のある女性から、こんなお話がありました。 結婚紹介所で知り合った男性について…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 06:20
婚活男子よ、こう口説け! その7
はい! 今回は連載7回目になる「婚活男子よ、こう口説け!」です。 今回のお話は、女性もそのまま役立ちますので、ぜひ女性もご覧くださいね☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 19:00
マメにLINEをくれるけれど
マッチングサイトや婚活サイトで男性と知り合った……という女性から、 こんなお話がよくあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 07:01
料理を作らせてくれない男の心理
「先生、彼がちょっと冷たくなったような感じなんです」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 21:07
世の中に物申す。それは違うぞ!
今回は魂をかけてお伝えしたい。そんなお話です。 最近の世の中はおかしいです。 今回、どうにも僕には納得のいかない記事がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 02:53
それは電話するのと変わらない
『スケジュールを決めたがる女、決めたがらない男』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/17 08:25
コミュニケーションはキャッチボール
入会金90%OFF!のBIGキャンペーンを開催いたしました結婚紹介所。 開催一週間で、定員5名さま満員となりました! お申込み頂いた皆さま、ありがとうございましたーっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/10 11:36
婚活男子よ、こう口説け! その6
はい!「婚活男子よ、こう口説け!」第6回目になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/30 05:35
今頑張らないで、いつ頑張る
じじじ実はですね、すごいご報告が届きました。 聞いて驚くなかれっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 20:03
まだ元彼のことが/俺より相応しい男が、と言われたら
今、まさに頑張っている時や、曖昧な関係の相手と一緒にいると、「返答に困ること」を言われることがありますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/14 04:19
LINE診断。この恋の健康度は!? その2
12月7日にお届けしましたLINE診断。かなり反響を頂きました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/29 06:39
婚活男子よ、こう口説け! その5
はい!今回は、連載5回目になる「婚活男子よ、こう口説け!」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/15 12:22
LINE診断。この恋の健康度は
毎週2回開催しております、リアル恋愛教室☆ 12月3日(土)も盛り上がり、特にお茶会では様々なご相談が飛び交いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/07 02:29
交際が始まったら心がけること
最近のご相談例では、知り合って交際までは辿りつくものの、足踏みしてしまったり、ひとりでマイナス思考に陥ってしまうお話が多く感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/25 08:15
婚活男子よ、こう口説け! その4
はい、連載4回目になる「婚活男子よ、こう口説け!」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/18 02:02
婚活男子よ、こう口説け! その3 & 女性向け指南あり
はい、連載3回目になる「婚活男子よ、こう口説け!」です! 今回は女性向けのお話も後半にございます☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 16:03
婚活男子よ、こう口説け! その2
はい、連載2回目になる「婚活男子よ、こう口説け!」です! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 16:51
婚活男子よ、こう口説け! その1
最近は婚活を頑張る男性が増えておられます。 僕も結婚紹介所を運営していますのでその内情がよくわかるのですが、お見合いをしても次に繋がらない。また、次に繋がっても1〜2回の食事で終ってしまう……そんなことが多いものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 01:37
やっぱり難しい!?ありがとう法
お互いに思いやりを持って、良い関係を築いていくために大切なありがとう法。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/17 17:54
「友達と飲み会があるんだ」と言われたら
「ねえ、よかったら○日に会おうよ」とお誘いした際に、「○日は友達と飲み会があるんだよね〜」と言われたとします。こんな時、皆さんはどうしますか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/06 23:41
最後のアドバイスを実行した、その後
皆さん、「アラフォー合コンから始まった恋」のお話を覚えておられますか? その名の通り、「アラフォー合コンから始まった恋」のお話です。 http://archives.mag2.com/0000052108/20160328120000000.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/14 17:01
臨機応変な恋愛をしよう
「臨機応変に行動すること」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/05 03:47
Ω ヘンなことで不安になった時の対処法
「女性は悩むのが大好き!  趣味は悩むこと、マイナス思考になることっ☆」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/24 03:15
Ω 1〜2回のデートで終わってしまう理由
今、僕の結婚紹介所には、男性の会員さんもいらっしゃいます☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/14 17:16
Ω 残念ながら不合格。合格祝いのプレゼントは?
Ω 残念ながら不合格。合格祝いのプレゼントは? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 04:11
Ω 婚期が遅れる謂れ「あるある」は本当?
─────────────────────────────────────            全国の書店にて、最新刊 発売中! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/13 05:22
Ω ホントの年齢を言えなかった時の対処法 & 結果報告
そんなに重たくない出会いの場では、 本当の年齢を言えないまま始まることがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 01:40
Ω 恋活と婚活の違い
皆さん、こんにちは! マーチンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/03 14:04
Ω 次の恋への進み方
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 04:44
Ω 彼と私の本音は同じ!?
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/13 04:55
Ω 彼はどうして浮気をするの?
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/22 03:12
Ω 結婚に親が反対していることを相手に言う? 言わない?
自分の親が結婚に反対している。 又は、きっと反対するであろう……そんな時。 あなただったら、それをお相手に言いますか? それとも言わないですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/10 00:45
Ω アラフォー合コンから始まった恋
2月の初め、恋愛教室の生徒さん(40代、女性)が合コンに行かれました。 30代以降の合コンは、実りある展開になることが少ないのですが、 今回は良い例外が起こりました☆ そのお話をご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 05:40
Ω 出会いの場で、出会ったなら
婚活サイトで知り合ったお相手のことで、ご相談が届きました。 まずは、ちょっとご覧になって頂けたらと思います☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/22 03:04
Ω いい感じにすすむ法則、再確認
今、恋愛教室で運営している結婚紹介所に、 お見合い→正式交際となったお二人がいらっしゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/14 03:52
Ω 心配して欲しい女心、心配しない男心
「今日も楽しかったよ。ありがとう(^^)  帰り道、気を付けて帰ってね!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/21 03:18
Ω バレンタインデーに、音信不通の人と復縁するなら?
今日はバレンタインデーですね! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/14 04:08
Ω シャンプー、どちらから使う?
はい、今日は恋愛心理テストをやってみましょう! まずは、問題をご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/05 03:18
●マーチン先生の恋愛教室/上手な会話の返し方 その3
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/17 03:44
Ω ブライダルフェア作戦、成功の理由
先月、リアル恋愛教室の生徒さんから、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 18:27
Ω 千原ジュニア、結婚の理由
      ルルのLOVEルール、「愛される努力、してますか?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/13 13:05
結局、小悪魔系がモテるんですか?
今回、とっても面白いご質問を頂きました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/19 22:41
Ω 性格の問題ならともかく、鼻毛は切ればいい!?
今回は、とっても面白い(!?)ご相談がありましたので、 こちらを拝見しながら、お話したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/11 00:24
Ω 不平不満を言わず、やれることを全部やろう
はい、今日はこちらの相談から、色々学んでみたいと思います。 まずはご覧になってみて下さいネ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/25 22:35
Ω あのお弁当から、全てが始まったね
「二人で会うところまではいくのですが、  2回目、3回目に繋がらないことが多いんです」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/31 23:41
Ω トントン拍子の交際の中で思うこと
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/30 15:49
Ω 2015年9例目。婚約→破局→婚約のご報告
【CM】 ──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 23:21
Ω 交際のスタイルによる分岐点と対処法
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/15 03:03
Ω 上手な話し方を身につけよう
※巻末にご婚約の報告があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/27 23:17
Ω メイクレッスン、実践報告!
ご覧になりましたか? この Before & After ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/27 15:14
Ω 逆プロポーズ。その結果は
2014年12月 クリスマス。 交際1年になる彼に、勝負をかけた女性がいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/06 23:10
Ω 上手なプレゼントの買い方、買ってもらい方
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/07 18:32
Ω やめた方が良いだろう、そんな相手との頑張り方
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/21 23:03
Ω 些細な言い回しを改善しよう & 男性に好まれる流行って?
皆さん、こんにちは! マーチンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/02 23:32
Ω 2014年、11組目〜13組目のゴールイン!
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/06 00:14
Ω またまた3ヶ月半。2014年、10組目のゴールイン!
皆さん、こんにちは! マーチンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/28 16:17
Ω これが誘導。先の先を見てストーリーを作れ!
─────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/15 04:02
Ω 重要なお客さんだから、一生懸命接する!?
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/20 03:46
Ω 梅雨の恋愛必勝法
──────────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/17 05:01
Ω たった2ヶ月で大変身。マイちゃんに続こう!
2月末から開催しております、リアル・マーチン先生の恋愛教室☆ 今日は、当初から来てくれているマイちゃんをご紹介したいと思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/15 04:21
Ω 彼が転勤になるみたい。聞く? 聞かない?
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/25 13:03
Ω 「付き合うのを早まった」と言われた私。見落としているものは?
うわわわわ、これはまた長い題名ですね〜☆  うん、2014年度は長い題名が旬なのです♪  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/26 03:37
Ω バレンタインデーの生かし方
こんにちは、マーチンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/14 09:54
Ω 彼がどう思っているのかわかんない!「○○」と言う男の心理
わーっ、歴代のメルマガで一番長い題名ではないでしょうかーっ☆ ううん、でもその分内容がわかりやすいですね! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/22 21:01
ハガキ1枚からも伝わる、気づかいの心
今日は1通の年賀状をご紹介したいと思います。 こちらの写真をアップにしてご覧になってみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/20 03:25
Ω おせちで大成功! 案ずるより行動しよう
皆さま、明けましておめでとうございますーーーっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/03 00:02
Ω 交際1年でゴールイン! その軌跡
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/16 10:46
Ω 夫や妻の浮気!? を目撃してしまったら
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/20 20:55
Ω 初めはいい雰囲気だったのに
━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/13 22:53
●マーチン先生の恋愛教室/結婚生活を仲良く続ける秘訣、他計4つ
──────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/17 04:38
Ω 「う゛ーん」と感じる悩みの解決方法
31歳、独身のモモちゃんから、こんなご相談を頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/10 00:00
Ω 次のデート、どこにお誘いしたらいい?
●恋愛力テストにチャレンジしてみよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/26 02:07
Ω こうしてできる、キスの法則!?
6月19日、初TVに生出演しましたーーーっ! ←5時に夢中!です。 生放送でしたので、さすがに緊張してしまいましたっ☆ さて今回、TVの内容を打ち合わせしていたとき、ふとあることが話題に なったのです。それはキスの仕方、というか、キスができる場面のお話です。 「今夜一緒にいよう」「君と付き合いたいと思っている」など、 言葉で口説くときもあるのですが、よくよく考えてみると、 そういった話題がほとんどないままに、キスできることが多いんじゃない? という話になったのです! 例... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/26 23:10
Ω 6年かかって大逆転!
6月15日に開催した恋愛講座、10名さま満員の大盛況でしたーっ☆ さて、そのお茶会のときに、「うおおお、それは凄いねーっ!」という 大逆転の報告がありましたので、ご紹介いたします。 お名前は、さしこちゃん。 ←さすが1位(笑) 簡単にお伝えしますと、元々同僚だった彼のことなのですが、 1.2年間、曖昧な関係でいたら…… 2.彼が他の女性と結婚してしまい! 3.それでも彼女として頑張り続けたら、 4.2年後に、彼が奥さんと離婚して! 5.正式に付き合うことになり、 6.今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/25 23:12
Ω ホンネの見分け方
デートにお誘いした。交際のお願いをした。勇気を出してエッチにお誘いした。 そんなとき相手が、「YES」と言ってくれたらいいのですが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/29 23:18
Ω 男性は贅沢にならないの?
「女性は幸せになると贅沢になってしまう傾向がある」というお話があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/29 23:16
Ω 恋する時間がない、そんなときは?
「忙しくって、恋に費やす時間がとれません」 「なんとなく面倒で、恋愛したいと思わないんです」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/08 03:41
Ω 【特大号】気づかいしない、そんな気づかいもあり!?
「気づかい力」は愛されるために、とても大事な力です。そんなお話を 過去に何度か取り上げていましたが、今回こんなご質問が届きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/07 03:46
Ω 妻を冷めさせる、夫のNG行動
毎週火曜日。マーチン家ではナイナイの二人がやっているTVが人気です。 「解決!ナイナイアンサー」という恋愛相談番組です☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/07 03:42
脈がありそうだけどNGっぽい話をされるときの奥義
★‥‥ ゆうちゃんの悩み ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★ 私は33才の会社員の女です。 後輩男性について相談させて下さい。 彼は28才、新入社員で女性慣れしていない、理系の真面目な人です。 彼の新入教育がキッカケで、2ヶ月前に顔見知りになりました。 彼女は2年いないようです。 今まで二回、複数人で飲みに行きました。 飲み会のあと、短めのメールですが数日に一通くらいやり取りし、 たまにハート入りにしてみたりしていました。 先日飲みに行こうという話になり、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/07 23:22
Ω 夢を継ぐ者、託す者
本や映画で見たことがあるシーンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/06 23:23
Ω 夫にもっと愛されたい
「夫に愛され続けたい」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/05 23:30
Ω まだ決心ができていない。そんなときは?
自分はまだ結婚を考えていない。 だけど、彼からそれらしいことを言われて返答に困っている……。 そんな、お話がありました。 ←贅沢な悩みですね☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/08 19:18
Ω「BRAVEHEARTS海猿」お勧めです!
今更ですが、観てきました! 海猿の4作目「BRAVEHEARTS」。 「いやー、よかったです!」というのが、率直な感想です☆ ですので、まだの方は、ぜひ彼女&彼を誘って観に行きましょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 19:26
Ω 彼が宗教に力を入れている。結婚しても大丈夫?
恋人が宗教に力を入れている……そんなとき、あなただったらどうしますか? 恐らく一般的には、交際中はあまり触れないで、そのまま付き合うと思います。 (無理に勧誘されたり、といったことがなければネ!) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/06 22:20
3年前に別れた彼とのグレーな関係について
★‥‥ちさちゃんの悩み‥‥‥★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/20 19:35
Ω 相手の気持ちの聞きだし方
例えば、彼が、彼女がバツイチだったとします。 そんなとき「どうして別れてしまったのか」を聞きたい人は多いと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/19 23:48
Ω 大仏さまパワーで結婚できた!?
「大仏さまパワーで結婚できた!?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/15 23:49
プレゼントを贈るとき&受け取るときの奥義
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ ●新・恋のQ&A ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/13 01:43
Ω 【特大号】今度こそ、彼女が欲しい!
今回取り上げたいのは、だい君22歳からのご相談です。 「女性をどのように誘って、どのようにリードしたらよいか」という点で、 どの年代の方にも参考にして頂けると思い、お話させて頂きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/10 01:49
Ω スッチーの笑顔をマネしよう
え?「スッチー」って、古すぎますか? まあ、いいじゃないですか☆ 僕はこの呼び名が好きなんです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/04 12:29
Ω 他人の失敗に学んでいこう
「失敗は成功の元」という諺がありますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 12:31
Ω 原発、再稼働!?
4月半ば、原発を再稼動させることについて、色々ニュースになっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/27 12:37
Ω 伝え方の違いを学ぼう
「恋愛力のあるなし」には、コミュニケーション能力が大きく影響します。 これはお仕事でも同じですので、「仕事ができる人はモテる」「モテる人は 仕事ができる」という話に繋がっていくわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/02 12:49
Ω 結婚したら本当に幸せになれる? その答え
既婚者との恋に悩む。人を好きになれない。結婚したら本当に幸せになれるの? そんな方からのご相談がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/30 12:52
Ω うまい切り返しを教えてください!
はい!題名のままです☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/28 13:01
センスが良いホワイトデーのお返しとは?
明日は、ホワイトデーですね! 直前までひっぱってしまった男性諸君のために、R25(Web)でお話をしております。 http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20120312-00023106-r25 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/13 23:41
Ω 色んな人がいることを受け入れよう
同じ人間は、この世にいませんよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/09 01:25
Ω 相手の態度が変わったときは
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ ●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/実践マニュアル ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/08 01:28
Ω 仲良くなれないときの奥義
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ ●新・恋のQ&A ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/08 01:27
Ω 美容院で、頭を「ずるっ」
────────────────────────────────────── ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/06 01:30
Ω 復縁。そして、グレーな関係の頑張り方
★‥‥ムシカちゃんの悩み‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/03 01:46
Ω これってセカンド? それとも?
「セカンドの定義は?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/02 14:50
Ω リップサービスが良過ぎる男性にご用心!
頭の中が「???」で満載になるような、そんなご相談が届きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/01 01:51
Ω 考えても仕方がないことを考えるクセを捨てよう!
グレーな関係の彼がいる、その彼の行動について、こんなお話が届きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 16:01
Ω 男心女心の差を知ろう、他計5つ
──────────────────────────────────────                                2011/08/21 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/21 16:24
【ミニ・コラム】大事なことは待つことではなく
興味深い記事を見つけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/08 16:40
夏到来!夏の恋の頑張り方、他計5つ
──────────────────────────────────────                                2011/07/29 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/29 22:48
正しい出会いの探し方、愛される礼儀作法・驚きの気づかいを学ぼう、他計4つ
──────────────────────────────────────                                 2011/07/03  −/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /− ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/06 23:00
Ω 何でも話せる仲になりたいのに
恋人ができたなら、「何でも話せる仲になりたい」。 そう思う人は少なくないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/31 23:17
Ω なぜ、私は結婚の手前で終わってしまうの?他計5つ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――                                2011/04/13 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/13 13:32
Ω 色んな立場で、色んな人が、色んなことを考えている
あの大地震から、もうすぐ3週間になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/28 13:52
【PREMIUM】今の私にできること
──────────────────────────────────────                                2011/03/13 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/13 14:15
Ω 沢尻エリカさんと高城剛さんのお話で学ぶこと
1月24日付けのニュースを拝見しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/27 23:32

トップへ | みんなの「恋愛教室メルマガ」ブログ

マーチン先生の恋愛教室 恋愛教室メルマガのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる