マーチン先生の恋愛教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 「カケヒキは黒、真心は白」マーチン論の格言、全員集合!

<<   作成日時 : 2017/11/18 00:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ2017年も、残り1ヶ月ちょっとになりましたね。
僕が「マーチン先生の恋愛教室」をスタートしたのが、2000年9月。あっという間に丸17年が過ぎ、18年目に突入しています。当時、僕は30歳……いや、9月だから29歳だ!29歳だったわけですが、それから17年。

29歳当時から17年前を振り返ると12歳、中学校1年生の僕がいるわけで、ということは、当時中学生だった人が、今は30歳になっておられるわけです。ううん、すごいですねー。そんな中、ずっとメルマガを書いてきて、色んなマーチン論が生まれてきました。

んが、しかしっ!!たくさん生まれては来たのですが……あまりに膨大なメルマガや著書の数になり、多くのマーチン論が埋もれてしまっているのです。そこで、改めてマーチン論を発掘して、まとめのページを作りたい!そう思って始めることにしました。

見たことがあるもの、ないもの。
お役に立てる格言ですので、チェックしていきましょう!では早速、Go!

◆ カケヒキは黒、真心は白 ◆
カケヒキでは恋愛は実りませんし、結婚に辿り着けることもありません。「カケヒキして幸せになりました。私はこれからもずっとカケヒキし続けます!」という人が、この世にひとりもいないことが、それを証明しています。

「カケヒキ」と聞いて連想する色は……と言いますと、僕は黒です。他には赤など、そういう色が多いのではないでしょうか。では、「真心」と聞いて連想する色は、何でしょう? 僕は白なのです。青という人もいるかもしれませんね。それでもいいと思います。個人で多少の違いはあれど、少なくとも真心と聞いて「黒」とか「赤」と思う人はいないでしょうし、カケヒキと聞いて「白」という人もいないだろうと思います。

カケヒキでイメージできる色は、黒。
真心でイメージできる色は、白。

思えば花嫁衣装、日本では白無垢、ウエディングドレスも白ですね。そして、それを素敵だと感じるから、ずっと受け継がれているのだと思います。理屈抜き、白が幸せになれる色だと、皆が感じている証拠なのではないでしょうか。

カケヒキは1%もいりません。
100%、素直にまっすぐ、真心を持って頑張っていきましょう。

◆ スタートは男の力、継続は女の力 ◆
はい、これはマーチン先生スタートの初期にできた言葉です!一般に男女交際のスタートは男性のアプローチから始まることが多く、また女性もそれを期待している人が多いです。しかし、交際が始まると一気にこれが逆転することが多く、これに不満を述べる女性が多いのですが……それ、「ちょっと待ったぁ!」なのです。

「じゃあ、スタートも、交際が始まってからも、ずっと男に頑張れって言うの?」となります。そんな身勝手な話はありませんよね(笑)公平にどちらかを担って、役割分担するべきでしょう。

すると「スタートは男性から来て欲しい」という女性の本音が多数を占める以上、「スタートは男が頑張り、始まってからの継続は女が頑張る」という役割分担が自然ということになります。だから、実際にそうなっていると考えたらよいのです。

交際が始まると「彼からのLINEやメールが減った」という意見は多いですが、女性は当たり前だとして受け止めると、ストレスなく頑張れるようになりますよ。ただ、最近は男性の草食化で、スタートも女性が頑張る世の中になっています。

僕が20代の頃だと「女性が婚活する=男を探す」なんて、考えられなかったですからね。「じゃあ、継続は男が頑張ってよ」となると思うのですが、「だったら、女とは付き合わなくていいや」というのが草食男子なのです_| ̄|○

そこで、次のように考えていきましょう。

◆ 恋は頑張りたい方が頑張る! ◆
「この世は欲する人が行動する」ことになっています。例えば会社に不満があって上司に「○○はどうしてそうなっているんですか!こうしたらいいじゃないですか」などの意見をあげると、「じゃあ、お前がやれ」と言われます。やりたい人がやる。これが世の常なのです。

なので、恋愛も同じです。頑張りたい方が頑張って当たり前。そう考えることで、これまたストレスなく頑張れるようになります。上とか下とか、どっちが勝ちとか負けとか、そういう話ではありません。じゃあ、大学受験を必死に頑張っている人は全員負け組なのか、となります。そんなワケないですからね。

勝ち負けを言うなら、最終的に幸せになった者が勝ちだと思います。恋愛であれ、受験であれ、就職であれ、人生であれ。なので、今、その恋を頑張りたいと思っているなら、そう思っている自分が、気持ちよく頑張れば良いのです。恋のスタートも、交際の継続も、プロポーズも、です(笑)

◆ 登場人物の多い恋は実らない ◆
恋愛が上手な人のご相談は「ご相談者とお相手」しか出てきません。これ以外の人が出てくれば来るほど、恋が実らなくなりますので注意しましょう。例えば、こんな感じです。

・ご相談者とお相手と、共通の友人。
・ご相談者とお相手と、共通の友人、親兄弟。
・ご相談者とお相手と、共通の友人、親兄弟、その友人。

「彼の友達のお兄さんの友人」なんかが出てきた日にゃあ、ワケがわからなくなりますよ〜!恋は他の人を巻き込まないように、自分たちだけで進めていくのがコツなのです。

特に共通の友人が曲者です。共通の友人に相談をすると「ありがた迷惑」なことをされることが多々あります。「勝手に彼に連絡をされた」とか、「勝手に俺の話を彼女にした」などですね。本人は良かれと思って「わざわざやってくれている」のですが、それは逆効果になることが多いです。ヘタをすると、そこに男女関係が出来る場合も珍しくありません(相談例ではよくある話です)。

このように人が増えると、自分たち以外の「感情」がそこに入り込むため、助けになるよりも、こじれてしまう可能性の方が遥かに高くなるのです。ちょっと考えてみましょう。

「自分と相手」を結ぶ感情の糸は1本です。
この1本でも、ややこしくなるのが恋愛ですよね。

これに「共通の友人」が入るだけで、「自分、相手、友人」を結ぶ感情の糸は3本になり難易度が3倍になります。三角形をイメージして頂けたら、糸の数がわかりやすいと思います。糸が3本もあると、もつれやすくなりそうですね。ここに共通の友人がもう一人増えると、「自分、相手、友人、友人」を結ぶ感情の糸は6本、難易度は6倍になるのです。「四角形+対角線」をイメージしましょう。

1:1で感情の糸が1本でも「マーチン先生、助けてください!」なのに、これが3倍、6倍になったら……キツイのは明白です。二人の間に人を入れないように、頑張っていきましょう。

◆ 恋は「あなたと私」の関係 ◆
「登場人物の多い恋は実らない」の上位版です。例えば、自分が頑張っている彼に、恋人Aさんがいるとします。この時、彼とAさんのことは自分には一切関係がないのです。

「Aさんと別れさせたい」といった相談も時々ありますが、仮にそれを成したとしても、彼が自分と付き合ってくれるわけではありません。他の異性に行くことは十分に考えられるのです。

でも「彼と私の関係」をしっかり作ることが出来たら、彼とAさんの関係は自動的に消滅するのです。もっと言えば、彼に10人恋人がいたとしても、全て自動的に精算されるのです。お相手とライバルの関係ではなく、「お相手と私」の関係にフォーカスして、そこを確かなものにできるように頑張っていきましょう。

そうそう!なので、気になって彼や彼女の恋人のフェイスブックを見るとか、ツイッターをチェックする等の行動は、100%ムダなのです。心痛するだけ負担が増える行動になってしまいます。

気になるものを見て、
気になることを考えるのではなく。
目指している「目標」を見て、行動していきましょう。

……よろしいですか?

気になることを考えるのが、正解ではないのですよ。
見るべきものを見て、考えるべきことを考えて頑張りましょう!

…………。

うん、どれもいいお話じゃないですか(笑) ←自分で言うなー。
もっともっとありますので、随時サイトで更新していきたいと思います。

下記のページに新規作成していきますので(まだ作成中です。ごめんなさい)、時々ご覧になってみてくださいね!他のページも随時更新していますよ。 恋愛の全てがわかる! >> https://www.martin.ne.jp/?page_id=2905

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
毎週2回開催 / リアル恋愛教室

恋愛教室PREMIUM 初月無料でご覧頂けます
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
「カケヒキは黒、真心は白」マーチン論の格言、全員集合! マーチン先生の恋愛教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる