アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
マーチン先生の恋愛教室
ブログ紹介
zoom RSS

●PREMIUM No.770 もういくつ寝るとクリスマス♪/「生涯、男性はひとり」を貫きたい時の奥

2017/12/13 06:07
今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
──────────────────────────────────────
                               2017/12/12

 −/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /−


   『 素直に、まっすぐ、真心を持って− 』

   17年間、のべ1万人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論


恋愛の全てがわかる!更新中です。>> https://www.martin.ne.jp/?page_id=2905
──────────────────────────────────────
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━
☆ I N D E X
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━


<1>これぞメイン!マーチン論の極意 超恋愛論&実践マニュアル
    PREMIUM講座/もういくつ寝るとクリスマス♪

<2>男性向けのコーナー
    モテる男はこう口説く!/当たり前のことを、当たり前にやろう

<3>定番の恋愛相談コーナー
    恋のQ&A/「生涯、男性はひとり」を貫きたい時の奥義

<4>最後にもうひとつお話を☆
    あとがき/ついにアドバイスを生かして


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/超恋愛論&実践マニュアル
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω もういくつ寝るとクリスマス♪


も〜う、い〜くつねぇ〜るぅ〜とぉ〜、お正月ぅ〜♪
という時期になって来ましたが、その前にクリスマスがありますね。

本当はクリスマス前に皆さんからご相談を頂けたら、僕がデートプランを授けて
あげられるのですが、なかなか皆さん「困った時の神頼み」になる傾向があります☆
そこで、今年はこれまでのご相談を振り返りながら、クリスマスを生かす方法を
お話したいと思います。


◆ 交際初期の方、触れないのはNG ◆

まず、交際初期の皆さんにありがちな失敗が、
「クリスマスに会おうよ(^^)」とお誘いしない、という失敗です。
結論から言いますと、絶対にお誘いする方が良いです。結果として会える、
会えないは別問題として、遠慮すると自分で自分の首を締めることに繋がります。

どうしてお誘いしないと、自分で自分の首を締めるのか。
それは、「自分が誘ってもらえなかったら、どう思うか」と考えてみたらよいです。
さあ、皆さんだったらどう思いますか……?

僕だったら、「予定があるのかな」と思います。
と同時に、「誰か他の男に会うのかな」と思ってしまいます。これが普通でしょう。
誘ってもらえない。→「私と同じく、誰にも会わずに家にいるんだろう(^^)」と
考える人はこの世にいないと思いますーーーっ!

……ということは、自分がお誘いしないと、お相手もそう思う可能性が高いのです。
なので、お互いにお互いが疑心暗鬼になってしまう=首を締めてしまうのです。

誘わない人の意見を聞いてみますと、

「だって、彼は忙しそうだし」
「引かれたら嫌だし」
「予定が空いてたら、誘ってくれると思ったし」 ←自分だって誘ってないじゃん!

という意見が大半です。
でも、僕はこれらは「延命措置」であって、現実から逃げているように感じます。
「お誘いして、断られるのが怖い」というのが本音なのではないでしょうか。
いつもお話しているように「正しい現状把握」は、とても大事です。
付き合い始めたばかりなのに、クリスマスに会えないのは、おかしいのです。

今年で言えば23日〜25日は金土日で週末です。また、23日は祝日なので必ず毎年休み
です。こう考えたら、22日の夜〜23日にかけてお泊りか。24日、25日のいずれかか。
どれも全部会えないという方がレアなのです。

仕事があっても、終わってから会って普通です。
きっと、そういう認識で自分がいることが、会えることに繋がるのだと思います。

例えば僕の恋愛経験で、会えないクリスマスなんてなったことはありません。
言い換えたら、ひとりで過ごしたことは一度もないです。人によって違う常識では
ありますが、そういう認識を持つことは大事だと思いますよ。

お誘いの仕方は、こうです。



ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1220.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


彼が言ったことをやってない場合、どう聞けばよいか

2017/12/11 10:42
[2916] かしゅー

先生はじめまして。
彼とは最近知り合い交際を始めました。お互い結婚を考えています。

付き合う時、前の彼女と別れてからすぐだったので、彼から「不安感を払拭できるように行動で示す」と言われたのですが、特にそんな行動は見当たらず…?という感じなのです。

彼にどう聞けばよいものでしょうか?「何か行動してる?」と聞くのはダメだなとわかるのですが…。忘れてるのかな。週1回会い、毎日連絡取り、送り迎えありますが、ワリカンです。

「料理を作って欲しい」と言われ乗り気じゃなかったのですが、先生の言葉で目が覚めました。料理は好きなのでガンガン作ります。「一緒に作ろう」と言っておいたのですが、彼女がエプロンつけてトントンしてるの見たいのも男心なのかなと…。先生の本読んで頑張ります。

話がそれましたが、「彼が言ったことをやってない場合、どう聞けばよいものか」
教えて頂きたいです。宜しくお願いします。



こんにちは、マーチンです。
ご相談拝見いたしました。

はい、「彼(彼女)が言ったことをやってない場合、どう聞けばよいものか」。

答えは「聞かなくていい」ですね。なぜなら「聞いてどうなるものでもないから」です。言ったことをやっていないなら、それが答えです。「相手の真意は言葉ではなく行動で判断するもの」という一例だと思います。

……ただ、です。
元々、今回のお話は、行動で示すほどの必要がある話ではありません(笑)なので、ハッキリ言って問題はありませんよ。だって、

> 付き合う時、前の彼女と別れてからすぐだったので、

こんな話、どこにでもあることで「だから何?」という感じです。なんら特別な事情ではありませんし、それで彼を信じれないというならば、そう思うカシューさん自身が問題です。

仮に、彼が元彼女を忘れられなかった……そんな事態になったなら、それは彼が悪いのではありません。元カノを忘れさせてあげられなかった自分の力不足なのですよ。なぜなら、自分だって交際を望んでいるのですから。(こうして相談している時点で、そうなりますよね)

男女交際がスタートする時、前の恋人と別れたばかりだった。それはよくある話で、別段珍しいものではありません。そんな中で、彼はカシューさんに気をつかって「言葉だけでも」言ってくれたのです。少なくとも、その時はそう思ってくれていた、その事実を感謝したらよいと思います。

そして、カシューさんは「彼は行動してくれていない」と仰っていますが、これは聞く女性が聞いたなら、

「週1回会ってくれて、毎日連絡くれて、送り迎えしてくれる。これだけしてもらって、あんた頭膿んでるんじゃないのーっ!ヽ(`Д´)ノ」

……と言われますよ(笑)「してもらうばかり」なって感謝できなくなっている、その典型例に感じます。下記のお話もですね、

> 料理は好きなのでガンガン作ります。
> 「一緒に作ろう」と言っておいたのですが、

余計なことを言わずに作ってください。一緒に作りたい男なんていないですよ(稀にいますが、それはレアすぎる話です)。そして、下記の言い回し……

> 週1回会い、毎日連絡取り、送り迎えありますが、ワリカンです。

これ、グチになっていますよね。感謝の気持ちが持てていたら「ワリカンですが、週1回会い、毎日連絡を取り、送り迎えもしてくれます(^^)」となるのですよ。

…………。

グチではなく、感謝の言葉が言える。そういう体質になりましょう。それが彼とこれから仲良くやっていく、とても大切なポイントだと感じました。
この度は、ご相談頂きありがとうございました。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のご案内

無料 相談掲示板 悩みの足跡
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12/16(土)恋愛教室休講 → 開催になりました!

2017/12/10 06:45

12/16(土)13:00〜15:00、リアル恋愛教室開催します!
(当初の予定表では休講となっておりました)

内容は人気講座、「相手の心理を読み切り導く講座(男女向け)」です。
新事例を取り扱いますので、過去に受講なさった方にもお勧めです。
ご興味頂けましたら、ぜひいらしてくださいね。

お申込みはこちらです。
https://www.martin.ne.jp/counseling/lesson.htm

皆様のお越しをお待ちしております。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
マーチン先生の恋愛教室、生徒募集中
個別相談 の ご案内は、こちらです
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


絆を作っていくのが怖いです

2017/12/06 09:53
[2915] みなみ

マーチン先生はじめまして。25才のみなみと申します。
新しい彼と上手くやっていく方法についてご相談させて下さい。

少し前に別れた2才上の元カレとは、2年半付き合いました。仲良くやってきたつもりで、軽くですが結婚の話も何度かあがっていました。ところがある日、彼から

「みなみとしか付き合ったことがなく、このまま結婚していいのか分からない。何か不満がある訳ではないが、もっと合う人がいるんじゃないかと思ってしまう。他の人と比べてから結婚を決めたい」と言われました。そこで私から

「一度距離を置いて、その間に他の人を見てきて、半年後にまた話し合いましょう」と伝え一旦別れました。しかし、二週間後によりを戻してくれと帰ってきました。他の人を見たい気持ちはいいのかと言うと、「その間にみなみが他の人に盗られてしまうのが嫌だった」と言われて復縁しました。

よりを戻してから、距離を置いている間に私が合コンに行った事等を(彼も行ってるのですが)ネチネチと指摘されるので、改めて話し合った所、

「自分は他の人を見たいが、私には他の人を見て欲しくない」
「他の女の子を知りたい、もっといい人が…と言う気持ちは消えていない」
「どうしたらいいのか、今決められない」と言われました。

ここまで来て、私も彼が信用できなくなり別れました。初めての彼で大好きだったので、とてもショックが大きかったです。

最近一つ上の新しい彼が出来たのですが、その彼も女性と付き合うのが初めてです。彼はとても素敵な人なので、上手くやっていきたいと思うのですが、同じような事になったら……と絆を作っていくのが怖い所もあります。

新しい彼がそのような気持ちにならないように、
私が出来る事等アドバイスをお願いできますでしょうか。



こんにちは、マーチンです。
ご相談拝見いたしました。

さて、元彼さん。なさけない男ですね〜(苦笑)
彼の心境は、たくさんのご相談事例でよく出てくる下記と同意です。

「俺は君の気持ちに答えられないけれど、君は俺を好きなままでいなさい」

「他の女と比べたいなら、黙って比べろ!」と言いたいです。「えー、そんなの先生、最悪!」という女性もいると思いますが、彼の言い分は「浮気したいから、するね」と、わざわざ許可を取ってしているのと同じなのですよ。そんなの、言わないとできない器量ならするべきでないし、したいなら絶対わからないように黙ってやりなさい、ということです。そして、彼は下記のことを言っていますが、

> 何か不満がある訳ではないが

これウソですね。
不満があるからこそ、こうも言っています。

> もっと合う人がいるんじゃないかと思ってしまう。

「もっと合う人がいるんじゃないか」と考えるということは、今は「あまり合わない」と感じている、そう感じることがある、ということです。つまるところ、本件は「今まで交際経験がないから、そう思う」のではなく、

1.この世の男性全てが「より多くの女性とセックスしたいと思っている」という、男性の本能によるもの。
2.人の気持ちは変わるもの。変わることがあるのではなく変わって当たり前、という話。

ということなのです。
問題解決において、正しい現状把握はいつも大事なのです。

そして、1はどうしようもないですが、2については努力のしようがありますね。みなみさんにできることは「好きでいてもらうために、出来ることをやっていく」ということです。

> 同じような事になったら……と絆を作っていくのが怖い所もあります。

30代にもなれば多くの人が学ぶことだと思いますが、それを気にしては恋愛はできなくなります。ケガすることを恐れては、スポーツができないようなものですね。ただ、ケガをしないように気をつけることはできますので、それと同じような努力はできます。

今回で言えば、元彼には不満があったのです。それは、それは必ず交際の中で出てきています。そこに気づかずにスルーしてしまったのが、みなみさんの失敗なので、そこをきちんと振り返って探し出し、反省することが大事です。

一例として、交際中にお相手から言われる「些細なダメ出しや指摘」を、些細だからと思ってそのままにしてしまうと「必ず」別れに繋がる、というポイントがあります。

ひとつひとつは、非常に小さなことです。「もうちょっと痩せたら?」「たまにはスカート履いたら?」「ちゃんと化粧したらいいのに」など、この程度のことです。こういったことをスルーせずに改善していくようにしましょう。

そして、20代は特に自分自身の成長を心がけながら……まずは仕事を辞めずに頑張る、ステキな先輩に学ぶ、料理の腕を上げるなどをしながら、ありがとう法を実行していくのが最善案だと思います。

> 同じような事になったら……と絆を作っていくのが怖い所もあります。

ダメになることを恐れて努力しないのは、人生放棄するようなものだと思います。今回の失敗を生かして、新しい彼との交際をしっかり頑張っていきましょう。

この度は、ご相談頂きありがとうございました。

2017/12/06 wrote
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のお申込み

無料相談掲示板 悩みの足跡
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リアル教室、12月講義のご案内

2017/11/30 04:22
リアル恋愛教室、12月の講義についてご案内です。

今月の注目講座はこちらです。
・12/ 6(水) フリー相談会(お茶会)
・12/20(水) 超初級編!ありがとう法、最初の一歩
・12/23(土) マーチン先生の恋愛トーク&クリスマス食事会
・ 1/ 6(土) 【New!】デート上手になる講座(男女)

12/6(水)はフリー相談会のお茶会です。自由に相談できますので、一度相談してみたい方には特にお勧めです。その場でメールやLINEを作ってお相手に送ることも多々あります。「ありがとう法、最初の一歩」は恋愛教室初心者の方には特にお勧めです。言いたいことはわかるけど、何をしたらいいかよくわからない。そんなあなたは、ぜひいらして下さい

講義予定表、お申込みはこちらです。
https://www.martin.ne.jp/counseling/lesson.htm

皆様のお越しをお待ちしております。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
マーチン先生の恋愛教室、生徒募集中
個別相談 の ご案内は、こちらです
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


恋愛の全てがわかる!更新しました。

2017/11/24 10:37
下記のポイントについて更新しました。

出会い〜交際初期のポイント
https://www.martin.ne.jp/?page_id=2946

交際中のポイント
https://www.martin.ne.jp/?page_id=2984

ポイントを箇条書きにわかりやすく記載しています。
ぜひご覧になってみて下さいね

恋愛の全てがわかる!TOPページ
https://www.martin.ne.jp/?page_id=2905
gahag-0005343950-1.jpg

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
個別相談のお申込み

無料相談掲示板 悩みの足跡
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


この恋はアリ?ナシ?

2017/11/23 07:09
今回は面白い……と言いますか、考えてしまうお話がありました。
(問題として取り上げるのに面白い、という意味です)

こちらをご覧になってみてください。
つい先日知り合った男性と3回めのデートを終え、Kさんから届いたメールです。

<メール>−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんにちは!いつも大変お世話になります。
彼と、その後も仲良く楽しい時間を過ごしております。

3回目のデートで、1度はバイバイしたのですが、
数分後、彼が走って戻って来て大事な話があると。

告白かと期待してしまいましたが、
離婚歴がある事と、お子様がひとりいらっしゃるとの事でした。
「それを知ってもらった上で考えて欲しい」と言われました。

私自身はその話を聞いて、彼への気持ちは変わらないのですが、
教室の友人に報告したところ、下記のような忠告を頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼の事は冷静になって落ち着いてください。
まだ小さい子供がいるのに離婚してます。
女性が赤ちゃんを一人で育てていく覚悟をしてまで離婚した彼です。
彼は何か大きな出来事をやらかしたから、離婚したんじゃないでしょうか。

まだ4歳なんて目に入れても痛くないかわいい時期です。
しかも、Kさんとの出会いは気軽なネットです。

これが職場だったり昔からのお友達だったらまた違うと思うのですが、
一度考えましょう。キツくてごめんなさい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも先生に、「私は好きになってはいけない男性を好きになる」
と言われますが、この彼についてもそのように思われますか?

私は向き合ってくれない独身のイケメンより、離婚歴があり、
お子様がいる方でも真剣に向き合ってくれる方の方が良いと思いました。
不出来な生徒でマーチン先生には申し訳ないのですが、
ご意見を宜しくお願いします。 Kより

<メール、ここまで>−−−−−−−−−−−−−−−−−


はい、ではここで問題です!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
★絶対失恋者チェック!

Q:あなたは、友達の意見をどう思いますか?

A. その通りだと思う。ちょっと冷静になった方が良いだろう。
B.関係ないんじゃないの? それはそれ、これはこれだよ。

(回答は本文にて)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

さあ、皆さん考えてみましょう!







はい、結論から申し上げますと 正解はB!
気にしなくて大丈夫です。

友人さんの意見を見た瞬間、僕はいい気持ちがしませんでした。なぜかと言いますと、離婚の原因は彼にあると決めつけているからです。そして、Kさんが幸せになろうとしているのを、妬むように感じられるからです。(後述しますが、彼をNGという理由に説得力がないため、そう感じられます)

例えば、僕は知っています。男性に何の非もないのに、勝手に奥さんが子供を連れて出ていき。話し合いにも別居の提案にも応じずに、そのまま離婚になった人がいます。この時、子供さんは3歳でしたが、旦那さんはその後半年は泣いておられました。そういう人もいるのです。

友人さんの意見も一理はあります。だから、彼との交際を頑張った結果、「やめた方がいい男性だ」となる可能性は普通にあります。しかし、今、大事なことは「そこじゃない」のです。友人さんの意見を生かすなら、「彼は小さな子供がいるのに離婚した」という点がNGポイントになります。だとしたら「今この時点で、彼のことはやめる」としかなりません。しかし、

> これが職場だったり昔からのお友達だったらまた違うと思うのですが、

とあります。ここが説得力なく感じる部分なのです。これ、全然関係ないですよね。友人さんが彼をダメだと言うポイントからすれば、同じ職場だろうが、昔からの友人だろうが同じです。

また、恋愛教室が加盟している結婚紹介所Nozzeでも、小さなお子さん連れのバツがある方はいくらでもいらっしゃいます。お友達の理論だと、その元旦那さん達は全員NGになってしまいます。そんなワケないですからね(笑)

過去に何があったかは、その人の人生であり、今から知り合う僕達が関与できることではありません。大事なことは、「私と出会ったこれから」です。これから一緒にいられるかどうかは、その人の過去には関係ないのです。僕達が作っていけるのは、「これから」という未来なのです。

ご覧の皆さん、Kさん、そして友人さん。
ぜひ、このお話を胸に刻んでおいて欲しいと思います。

……というわけで、僕はKさんにこんなお返事をお送りしました。

<お返事メール>−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんにちは、マーチンです。
お話拝見しましたよ。

結論から言いますと、大丈夫ですよ。
大丈夫と言うか、それは心配することではありません。

> わたしは向き合ってくれない独身のイケメンより、離婚歴があり、お子様がいる
> 方でも真剣に向き合ってくれる方の方が良いと思いました。

その通りです。ただ現時点では、まだ真剣に向き合ってくれているのかがわからないので、今後もお付き合いをしながらのことだと思います。

だから結果として、教室の皆さんが言うようなことになるかもしれません。でも、それはあくまで結果論なので、今、この段階で心配することではないのです。なので、Kさんにとって大事なことは、Kさん自身が彼と向き合って交際をしていくことです。今こそ、ありがとう法をしっかり頑張ってやっていきましょう(^o^)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


− この翌週、11月○日 −


プルルル、プルルル。

「はい、Kです」

「あっ、僕です。今、どこですか?」 ←彼ね。

「ちょうど新橋駅に着いたところです」

「えっと、自分は今、新橋駅近くの○○の側にいるんだけど……」

「えっ、どこですか?」

「烏森口を出て……」


− と、何故かわかりにくい所に電話で誘導されました −


(もう、何なのよー。こんなわかりにくい所に……)

そして、角を曲がったそこには……!!!



花束を持った彼が待っていました。



「Kさん、僕と、お付き合いして下さい。お願いします」

「えっ……?」

「僕と、お付き合いして下さい!」

「はっ、は、はい……」 ← ヘナヘナとその場に崩レル。


これ、実話ですよ。

Kさん、37歳にして、生まれて初めてもらった花束でした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   「男女交際の進め方」を学びたい人、来て下さい。
    本編のKさんとも、直接お話できますよ(^^)

  毎週2回開催! リアル「 マーチン先生の恋愛教室 」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

マーチン先生の恋愛教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる